ドイツ選挙で当選したショルツ氏の気候・エネルギー計画とは?

オラフ・ショルツ氏は、ドイツの社会民主党(SPD)を率いて、2021年の選挙で予想外の勝利を収めました。メルケル政権の財務大臣であったショルツ氏は、メルケル政権時代からの継続を基本としながら、社会的公正の強化と、再生可能エネルギーの拡大を他のすべての脱炭素化計画の前提条件として再活性化することを選挙戦で訴えました。 続きを読む

  • ドイツの輸送・建築分野におけるカーボンプライシング

    ドイツ政府は、気候目標達成のための重要な手段として、2021年から輸送部門と建築部門の温室効果ガス排出量に価格を設定することを決定しました。 続きを読む

  • 気候変動に配慮した農業 — ドイツ農業委員会の提案

    アンゲラ・メルケル首相は、2020年に「農業の未来のための委員会」を設立しました。これは、気候ニュートラルな変革に向けた取り組みに、農業分野を含めるための後発的な取り組みでした。 続きを読む

  • 電気自動車への移行により、自動車産業の雇用がどれだけ失われるか?

    電気自動車への移行が確実に進んでおり、欧州の自動車産業にはかつてない課題が待ち受けています。ますます野心的な気候目標に直面して、ガソリンエンジン車の段階的な退出は避けられないと思われ、ますます多くの国で方針が決まっています。 続きを読む

  • 多様性と普遍性

    2018年秋、こまばアゴラ劇場で、ISEP所長の飯田哲也さんと劇団青年団『ソウル市民』『ソウル市民1919』の連続公演を観劇した。 続きを読む

  • すぐそこにある再エネ社会 — 誰がこの転換を妨げるのか?

    世界中で、100年に一度のエネルギー大転換が進んでいる。再生可能エネルギーが、とくに太陽光発電と風力発電を中心に加速度的に進展しており、直面する気候危機の最大の解決策として期待されている。ところが日本だけは、その大転換から取り残されているばかりか、旧い考え方にとどまったまま、ようやく離陸し始めた太陽光発電市場さえ失速し、崩壊しつつある。 続きを読む

  • グリーンリソース・リユース・リサイクルがよりクリーンな電気自動車用バッテリーのカギとなる

    電気自動車のバッテリーのライフサイクル

    輸送分野のCO2排出量削減には、電気自動車への移行が不可欠です。しかし、電気自動車の需要が急増していることから、電池の環境や人に対する影響への懸念が高まっています。 続きを読む

  • 「生きる」ということ − 映画「ノマドランド」を観る

    先日、クロエ・ジャオ監督の長編デビュー作である前作「ザ・ライダー」をAmazonPrimeで鑑賞し、その感動の冷める間もなく、今年度アカデミー賞作品賞を受賞した「ノマドランド」を地元のシネコンで鑑賞してきた。 続きを読む

  • 自動車メーカーのグリーン化に向けてクリーンな電池が重要なハードルとなる

    電気自動車は、より持続可能な未来へのカギとなると言われてきましたが、その製造や廃棄に伴う気候変動への影響が懸念されています。CO2ニュートラルな自動車を普及させるためには、走行中だけでなく、製造時やリサイクル時にも温室効果ガスを出さないことが求められます。 続きを読む