変動するが、予測可能 ー 再生可能エネルギーの発電量予測

図3|地球モデルICONは13km幅のメッシュを使用(この画像の縮尺とは異なります) 出典 DWD - Offenbach

天気に左右される風力と太陽光による電力の比率がドイツの電源構成の中で増え続けています。これにより、エネルギー部門には電力の需要と供給をもっとより柔軟に対応するように圧力がかかっています。常に系統にどれだけの電力が送り込まれるのかを正確に予測する必要性はますます重要になってきています。 続きを読む

  • 太陽光発電を巡るトラブルから考える日本の土地利用制度のあり方

    pexels-photo-92657

    日本の国土は、都市部においては戸建て住宅の空き家やマンションの空き室が増加し、農山村では耕作放棄地や管理放棄森林が広範にみられるようになってきた。そうした中で、アベノミクスによる異次元の金融緩和もあって、都心の土地バブル、農山村におけるメガソーラー設置を巡るトラブルが起きている。 続きを読む

    ページ: 1 2 3

  • テスラみたいに?きっと好きになるパッシブハウス

    Elrond Burrell

    テスラはクリーンエネルギーに関してだけでなく、加速性と快適さに注力することで、魅力的なEVを作りました。建築家のElrond Burrell氏はパッシブハウスを推進する人たちも同じようにすべきであると述べています。 続きを読む

  • 英国の野鳥保護グループが再生可能エネルギーについて言及

    CarbonBrief

    良いニュースと悪いニュースです。良いニュースは、英国には現在のエネルギー消費と比べて、自然保護の条件を考慮しても、数倍もの再生可能エネルギーのポテンシャルがあることが明らかになったことです。悪いニュースは、英国人はなかなかエネルギー効率とエネルギーデモクラシーに考え方を転換することができていないことです。 続きを読む

  • 温暖化とエネルギー転換 – トランプ氏は何をしようとするのか?

    paddle-wheel-bucket-wheel-excavators-brown-coal-open-pit-mining

    化石燃料を増産し、環境規制をやめる。そしてパリ協定をキャンセルする。これがトランプ氏が5月26日ノースダコタ州で発表したエネルギー政策の核心だ。彼が大統領になれば問題は深刻だ。米国の主要論調[1]をもとに整理してみる。 続きを読む

  • ポルトガルで再生可能エネルギー電力100%を4日間達成したのは「感動的」か?

    RTE

    ドイツでの再生可能エネルギー電力が記録的ピーク水準を達成した(やや誇張気味の)ニュースに加え、ポルトガルからも新たな連続記録が届いています。しかし、アメリカの専門家ポール・ガイプ氏は今回のゲスト寄稿で、年間に占める割合の方が重要であること、そして、ポルトガルは水力発電に大きく依存していることに気付かせてくれています。 続きを読む

  • 米国のエネルギー転換は進むのか?大統領選挙と過激な保守党政治の将来

    flag-731350_1280

    オバマ政権による「クリーンパワー計画」が一時停止となり、米国のエネルギー転換に大きな懸念と議論が巻き起こっている。これまでの共和党保守政治と司法の関係、さらに大統領選挙の行方から、今後の見通しを考察する。 続きを読む

  • 着実に進む欧州の自然エネルギー市場

    欧州各国と日本の自然エネルギーによる発電量の比較(2014年実績)*日本は2014年度(出典:EurObserv’ERより作成)

    1990年代から初期の市場形成を牽引してきた欧州の自然エネルギー。その全体像をまとめたレポートから各国の動向を概観してみましょう。 続きを読む

  • 蓄電池として使う中古車のバッテリー

    蓄電池の充電サイクル数と相対出力の変化(出典:VDE)

    中古車のバッテリーを蓄電池として系統につなぐ「セカンドライフ」に関する研究結果がドイツのエンジニア組織VDEにより発表されました。そのポテンシャルはとてつもなく大きく、手ごろな価格で手に入れることができる可能性があるようです。 続きを読む

  • パリCOP21合意後の世界 – ダイベストメント、情報開示、訴訟リスク

    photo-1444653614773-995cb1ef9efa

    パリ協定が世界の投資・金融の分野に与えるインパクトは非常に大きい。すでに世界各地で企業や金融機関が気候変動をビジネス上のリスクとして認識し、化石燃料からの投資撤退(ダイベストメント)をはじめている。さらに、企業に情報開示を求める動きや、国や企業の訴訟リスクも高まりつつある。 続きを読む

  • 再エネにとって電力自由化とは何かを再考する

    solar-panel-918492_1280

    前回のコラムでは、一般消費者から見て電力自由化とはどのようなものか、という消費者目線で電力自由化について考察し、自由化とは本来リベラルな(公平な)市場を目指し、その意義は「公平性(フェアネス)」と「透明性(トランスペアレンシー)」の担保にある、ということを述べました。 続きを読む