米国の原子力発電 ― 現状、見通し、および気候への影響

原子力発電は、旧い形式と潜在的な新しい形式の両面で、集中的に推進され、補助金もますます増えています。しかし、同時に、本質的に経済性が低いため、世界的に商業的な崩壊が進行しています。米国の文脈をまとめた本稿は、原子力発電に運用上の必要性がないこと、ビジネスケースや気候変動対策としての有用性がないことを強調して、この2つの傾向を記録しています。 続きを読む

  • 細胞培養肉が米国で初めて承認される

    2022年11月、米国食品医薬品局(FDA)が、UPSIDE Foodsの培養鶏肉を食べても安全であると宣言したことが発表されました。この承認は、UPSIDE Foods が提出した GRAS(Generally Regarded as Safe)ステータス申請に対するFDAからの No Questions Letter というかたちでおこなわれました。 続きを読む

  • 第4世代地域熱供給と日本の温熱政策 − 大潟村脱炭素先行地域の取り組みから見える日本の課題

    秋田県大潟村は、環境省が2022年度から開始した脱炭素先行地域の第1回目に選定され、現在、その具体化に着手したところである。大潟村が挑戦する地域熱供給の重要性と、具体的な取り組みから見える日本の環境エネルギー政策、とりわけ温熱政策に関する課題を論じる。 続きを読む

  • 脱炭素とエネルギー大転換は世界をどこに導くか − 脱成長論を超えて

    近年、脱成長論が注目されている。「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)が最新の第6次評価報告書(AR6)第3作業部会報告書(IPCC 2022)で初めて脱成長論を論じ1IPCC AR6 WGIII (Apr.5th、2022)の第1章、第3章、第5章、第17章で脱成長が議論されている。、日本でも脱成長論の書籍(斎藤 2020)がベストセラーとなった。脱成長論の歴史は古いが、昨今の盛り上がりはおよそ10年前からだろう。 続きを読む

    • 1
      IPCC AR6 WGIII (Apr.5th、2022)の第1章、第3章、第5章、第17章で脱成長が議論されている。
  • ピーク、なぜピークが重要なのか − 成長から衰退への転換点

    このレポートは、化石燃料の需要ピークに関するシリーズの第3弾です。このレポートでは、なぜピークが金融市場にとって重要なのかに焦点を当てています。 続きを読む

  • ピーク、エネルギー転換の歴史 − 過去のエネルギー転換は、今日の脱化石燃料の早期実現を予言している

    「ピークシリーズ」は、化石燃料需要の過去と現在のピークを示す広大な山脈をマッピングした新しい連載です。国やセクターを問わず、化石燃料の需要はピークを迎え、現在は減少の一途をたどっています。このレポートでは、「頂上、台地、下り坂(The Peak, Plateau and Decline)」という新しい枠組みを展開し、変化の形状を描き出しています。 続きを読む

  • ピーク、急転換の理論 − 頂上、台地、下り坂のパターンは、化石燃料の終焉が加速していることを示唆している

    ピークシリーズ – 1. 理論編「ピークシリーズ」は、化石燃料需要の過去と現在のピークを示す広大な山脈をマッピングした新しい連載です。国やセクターを問わず、化石燃料の需要はピークを迎え、現在は減少の一途をたどっています。このレポートでは、「頂上、台地、下り坂(The Peak, Plateau and Decline」という新しい枠組みを展開し、変化の形状を描き出しています。 続きを読む

  • もし、ロシアからドイツへのガス供給がストップしたらどうなるのか?

    ウクライナ侵攻後の地政学的混乱において、天然ガスは間違いなくロシアにとってもっとも重要なエネルギー資産です。EUと他の西側諸国は、ロシアの石炭禁輸と石油供給の広範囲な停止に合意しましたが、天然ガスの輸入禁止はEUに拒否されました。 続きを読む

  • シルクストッキングの衰退が口腔衛生革命を起こした – ディスラプションのパターン Part 7

    人類の歴史の大半において、人々が歯を磨くことは日常的なことではありませんでした。しかし、1960年代には、ほとんどの欧米諸国において、大多数の人が毎日口腔衛生をおこなう習慣を持つようになりました。 続きを読む

  • 輸送用コンテナのディスラプションが、飢餓の撲滅に貢献した ― ディスラプションのパターン Part 6

    エネルギー、鉱物、水、食糧といった生命の基本は、世界中に均一に分布しているわけではないので、平和と繁栄は、モノと人を迅速かつ安価に移動させる能力に強く依存します。1950年代半ばに始まった一見無名の技術革命は、今日の現代経済が依存する国際貿易の基盤をつくり、その過程で飢饉のリスクを劇的に減少させました。 続きを読む

  • 来るべき世界の肥料危機とその解決策 ― ディスラプションのパターン Part 5

    天然ガス価格の高騰によるアンモニア肥料の高騰、ウクライナ戦争によるウクライナとロシア両国の今年の作物の危機など、世界的な食糧危機が迫っています。この危機への対応を誤ると、悲惨なことになりかねません。 続きを読む

  • 奴隷制の崩壊が、今日の戦争を終わらせる最短の道を明らかにする ― ディスラプションのパターン Part 4

    私たちは今、歴史の岐路に立たされており、前途は楽観視できません。ウクライナでの戦争は罪のない市民を殺し、生活を破壊し、エネルギーや食料などの市場を揺るがしています。近隣諸国や自国民の権利をほとんど尊重しない政府をもつロシアとの取引に、なぜ私たちはこれまで満足できていたのでしょう。 続きを読む