デンマークに見る現代エネルギーデモクラシーの源流

エネルギーと社会のあり方が分散型へと変化していくなかで、個別の取り組みを長期的な時間軸の中で体系的に位置付ける思想、哲学、コンセプト、アイデアなどを探るEnergy Democracy Salon。今回は「デンマークに見る現代エネルギーデモクラシーの源流」をテーマに、中島健祐氏(デンマーク大使館)と飯田哲也(環境エネルギー政策研究所)の対話をお届けします。

豊かさを支える社会システムづくり

− まずは中島さんから自己紹介も含めてお願いします。

中島 デンマーク大使館の中島です。まずは私の方から自己紹介も交えつつ、デンマークの現在の姿からエネルギーデモクラシーを探るヒントとなるようなものをいくつかお話させていただきます。

私はデンマーク外務省のデンマーク大使館で投資部門に所属しておりまして、日本企業によるデンマークでの事業展開を支援することが主なミッションです。あくまで、仕事を通じて得られた体験的なことをまとめながら見えてくる姿をお伝えしますので、その中に皆様にお役立てるものがあるかもしれません。少しお付き合いいただければと思います。

まず、最初になぜデンマークなのか?北欧の国は他にもあるのに、どうしてデンマークか。皆さんはデンマークと聞いて思い浮かべることはそれぞれあるかもしれません。例えば、社会保障先進国とか、幸福度世界一位とか、エネルギーでは風力発電などの再生可能エネルギーを使っているだとか、いといろとあると思いますが、漠然と「豊かな国だろうな」と言うイメージはあるかと思います。基本的に良いイメージでデンマークを捉えているのではないでしょうか?では、その場合「豊かさ」とは何でしょうか?イメージの良い北欧の中でも、「幸福で豊か」と言われている背景は何なのか?

さまざまな定義や考え方があり、一言では表せませんが、「豊かさ」を実現するキーワードとして「価値創造(Value Creation)」が挙げられると考えています。これはいわゆる収益を上げるとか、マーケットをつくるといった狭い意味ではなく、「生き方」そのものにつながっていくような広い意味での価値創造です。私は価値創造の観点からエネルギーデモクラシーにつながる手掛かりをご提示したいと思っています。

まず、デンマーク人が考える「豊かさ」ですが、日常生活で感じる幸福感、生活の豊かさが人生における生き方や理念と近い関係にあると思います。 別の言い方ですと、実生活における「豊かさ」と「人生哲学」のような精神的なものがつながっているということです。最近の一般的な傾向として多くの日本人は生活している中で「豊かさ」を実感することはあまりないのではないかと思います。また、仕事をしながら「自分は何のために仕事をしているのか?生きているのか?」といったことを考えることもあまりないと思います。

もちろんすべてのデンマーク人が日常的に「豊かさ」を考えている訳ではありませんが、こうしたことを意識している方が比較的多いということは言えると思います。それは、ただ考えを持つだけではなく、豊かさをきちんと体験して維持し発展させるような社会システムやそのための教育制度を備えている点がデンマークの特徴としてあるからではないかと考えています。

つまり、先ほど申し上げたような「人生の意義」や「豊かさ」についての考え方が、観念的なことで終わるのではなく、現実の社会システムに反映され実感することができる。そうした精神的な面と実生活の体験が近いところでリンクしている循環型のシステムがあるように感じます。

では、その豊かさを感じられるシステムとは何でしょうか。

図1. 豊かさを支える社会システムとは

図1

宇沢弘文先生の『社会的共通資本』にも述べられていますが、デンマークの定義もほぼ同じです(図1)。第1に美しくて、豊かな自然環境が安定的、継続的に維持されていること、第2に快適で清潔な生活を営むことができるような住居と生活・文化的環境が用意されていること、第3に教育と関係しますが、デンマーク人だけでなく、移民も含めすべての子供たちに多様な資質を伸ばし社会に貢献するような能力をつける教育システムを整えていること、第4に疾病や傷病に対してその時点で最高水準のサービスが受けられること、最後に、この様なことを実現させるために資源は限られていますので、最も効率的でかつ公平に配分されるような社会システムが整備されていることです。

デンマークでは、エネルギーはまさにこの「豊かさを支える社会システムづくり」に係わってきます。では、豊かさを支える社会システムをどうやって実現していくかが課題となるのですが、デンマークの事例からいくつかキーワードが見えます(図2)。

図2. デンマークにおいて豊かさを支えるシステムを実現する為の要素

図2

まず「持続的成長(Sustainable GrowthもしくはGreen Growth)」です。2つ目が「リーダーシップ」です。これは、単に世界で主導権を発揮するということではなく、どのように小国デンマークが世界にかかわりながらイニシアティブをとっていけるかということがカギになっています。3つ目に「価値創造」です。最近では特に価値創造を重視する傾向がありまして、スマートシティなどでもデザインとイノベーションを活用して新たな価値を作り出し、社会変革に取り組むといった例があります。

つまり、「人生の意義」から導き出される真の「豊かさ」、それを実現するための基盤としてエネルギーが位置づけられている。エネルギーは単に国家を維持するとか、産業を発展させるということだけではなく、真に国民が豊かになるための社会インフラである。その意味でエネルギーにおいても産業中心ではなく人間に軸足を置いた議論がなされていると思います。そして「価値創造」により進化と発展につなげて行くという意味で、エネルギーは民主主義を支える根幹ですし、その意味でデモクラシーがきちんと組み込まれていると思います。

デンマークのエネルギーデモクラシー

− ありがとうございました。次に、飯田さんお願いします。

飯田 まず、デンマークで約30年前に書かれた『エネルギーと私たちの社会』という本の話からはじめたいと思います。

著者のヨアン・ノルゴーは、エイモリー・ロビンスやドネラ&デニス・メドウズの留学仲間というか、親友です。ヨアン・ノルゴーは省エネを中心とするエネルギー工学が専門で、連れ合いのベンテ・クリステンセンは社会学者、この2人がコラボレーションしてこの本を発表しました。

この本の内容は表紙にもあらわれていて、家の中から地球の外までつながっている絵が描かれています。つまり、普段の生活そのものがエネルギーと社会のあり方につながっているということですね。これは約30年前に書かれた本ですが、その根底にある考え方は今でも通用するものだと思います。

1990年代の後半に私はスウェーデンのルンドにいたのですが、スウェーデン南部とコペンハーゲンは目と鼻の先ほどの距離なので近いため、よく行き来していました。そういうなかで、ヨアン・ノルゴーやデンマーク工科大学の先生たちと交流をもつようになり、同じ北欧でもスウェーデンとデンマークではいろいろと違いがあることを実感しました。

その両方を見ながら、それぞれがたどった戦後の原子力の話、それに代わる新しいエネルギーにむけた取り組みの歴史的な流れ、さらにその当時に取り組んだものが現在どうなっているのかを調査研究や関係者にインタビューするなどしてまとめたのが『北欧のエネルギーデモクラシー』(2000年、新評論)です。

デンマークについては、この約30年でエネルギーシステムが集中型から分散型にかわっていて、まさに槌屋治紀先生の「エネルギー耕作型文明」を実現させています(図3)。特に、風力発電は普及が進んでいて、一人あたりや単位面積あたりで見た設備容量は世界第1位です。

図3. デンマークのエネルギーシステムの変遷

(赤:大規模火力発電、オレンジ:小規模コジェネ、緑:風力発電)

いまでは世界で風力発電が進んでいる国といえばドイツや中国ですが、1990年代はじめはそれらの国での導入はほとんどなく、世界の風力発電は米国とデンマークでの導入がほとんどでした。米国ではカーター政権時代の公益事業規制法(PURPA、1978年)とカリフォルニア州の生産税控除の組合せが効いて一時期に大幅に導入が進みましたが、デンマークは風力協同組合と固定価格買取制度の原型となる三者協定の組合せで着実に導入を進めていきました。

もとをたどると、1973年に石油ショックがおきて、デンマークには2つの団体が立ち上がりました。ひとつはOOA(Organisationen til Oplysning om Atomkraft)という原発計画を止めることを目的とした全国組織で、もう一つはOVE(Organisationen for Vedvarende Energi)という自然エネルギーの取り組みを進めることを目的とした草の根の組織です。

60年代の学生運動や対抗的政治文化のような前史を背景に生まれた「新しい環境運動」という性格をもった組織で、この2つの組織がうまく連携しながらデンマークの脱原発と自然エネルギーシフトへの動きをつくったといえます。古い写真ですが、トゥヴィン風車という木製のシンボル風車で、これはフォルケホイスコーレという国民高等学校の人たちが協力して1975年に建てたものです。こういったかたちでフォルケホイスコーレのようなラディカルな草の根の風土がOOAとOVEの活動につながり、やがて各地のセンター的な役割を担うようになりました。

写真. トゥヴィン風車(1977〜78年)

Tvind wind

最終的にデンマークは原発を入れないという国会決議(1985年)という結果になったのですが、その背景には目的をしっかりと性格の異なる組織を切り分けて立ち上げて、なおかつそれぞれ連携しながら進めるという運動の展開が上手かったように思います。

原発については、リソ国立研究所の研究者たちが推進の議論を展開する一方で、デンマーク工科大学のニールス・マイヤーをはじめとする研究者たちが反対の論陣を張りました。当時、いろいろな議論が交わされましたが、一番おもしろいのは推進と反対の高名な先生方が共著で本を書いたことです。双方の見解で共通する部分はいっしょに書いて、違う部分はそれぞれ別に書き、レイアウトも見開きでそれぞれの議論が明確に見えるようなかたちで、全部で6冊の本が発表されました。

写真. デンマークのエネルギー読本

デンマークのエネルギー読本

1973年に石油ショックがおこり、翌年の1月には政府と連携した電力会社が全国に原発15基を建設する計画を出してきたのですが、政治家たちが1年間時間をとって、公平な議論ができるようにしましょうということでモラトリアム期間ができました。そのときにデンマーク国民がこの6冊の本を手に、エネルギーと環境、原子力についてしっかり勉強することになり、最終的には原発のない社会を選びました。

その間にスウェーデンでは、コペンハーゲンの目と鼻の先で原発建設が強行され、デンマークは議論しているのにスウェーデンでつくられてしまうという状況が生まれました。そういったかたちで両国の動きがシンクロしながら、スウェーデンは1980年の投票で2010年までに原発をやめることを目標にしていましたが、現実には1997年の三党合意で原発廃炉の方針を改めて決め、まずコペンハーゲンの目の前にあるバルシェベック原発の1基目が98年、残りの1基が2003年に廃炉になりました。

風力発電の開発でも両国は対照的な違いがあります。スウェーデンは、日本やドイツも同じ過ちを犯したのですが、最初から1MW級のコンクリート製大型風車の開発から始めて失敗したのに対して、デンマークは20kW程度の小型風車から開発を始め、それを系統連系するところから始めました。小規模なものから実現し改良を進めながら徐々に性能を高めスケールを大きくしてゆく漸進主義で、しかも小規模でしたのでみんなで自分たちの電気を自分たちでつくろうという流れにもつながりました。

こうした流れが制度形成にもつながっています。電力会社と政府と風力発電協同組合が議論して、電気料金の85%の価格で風力発電の電力を電力会社が買い取ることで制度化され、これが現在の固定価格買取制度の原型になりました。実際にこれを参考にしてドイツが1990年12月に電気料金の90%で買い取る法律をつくっています。

スウェーデンでもささやかですが風力協同組合があり、バルシェベック原発の手前に1.5MWの風車があります。遠ざかる原発とこれからの風力というアングルの写真ですが、これが廃炉が決まった日の翌日の新聞に載っていたものです。さらに、風力発電の証明書を使ったエコラベル電気の仕組みも生まれました。

写真. バルシェベック原発と風車

先ほどの中島さんのお話を受けて、エネルギーはそもそもなぜあるのかを考えることで「豊かさ」の議論につながっていきます。電気とガスは2次エネルギーであって、それもあくまで手段です。本来、私たちは暖房や温水といった熱や、照明による明るさといったようなエネルギーサービスを必要としています。2次エネルギーの効率は高めることができても数%程度な一方で、エネルギーサービスはやり方しだいで5〜10倍にも高めることができます。しかも、その目的は経済や福祉であって、それは究極には幸福のためであるといえます。

私も北欧でいつも感じるのが、人々の暮らしや仕事や政治や教育などを通じて、その根底にある究極の目標は人間の幸せだというコンセンサスがあるということです。社会全体として、また、将来を考える上でのコンセンサスとしてそれが常に意識されているといえます。

それとは対照的に、日本では「電気料金が高い/安い」という議論が前面に出てきて、あまりに表面的です。そもそも高い方が電気を使わなくなっていいという見方もできますし、北欧のような持続可能性を織り込んで人々の幸福を考えるというような議論がほとんどありません。

もうひとつ、「価値の選択」が大事だという話もつながります。『エネルギーと私たちの社会』で対照的に示されているように、自然を制御しようとする発想で、数字の生産性にこだわり、物質的な競争のもとで外へ外へと開発に向かう「達成価値」と、自然と調和しようとする発想で、創造性をもって内発的な発展に向かう「存在価値」の2つの大きな価値の間でなにを選び、どのようにバランスをとっていくのか。この本自体も、エネルギーシナリオというハードな工学の議論と、やわらかいイラストを交えて社会と哲学を論じるソフトな面が用いられていて、示唆的です。

図4. 達成価値と存在価値

「エネルギーデモクラシー」をネットで検索してみると、いろいろな人が議論をはじめています。本が出た当時は私の造語でしたが、ある政治学者が面白い議論をしています。

これまでの民主主義は、基本的に代議制民主主義の質を高めるために熟議民主主義に進んできていて、デンマークでもコンセンサス会議のようなかたちで、社会のなかに新しいリスクが持ち込まれるときに普通の代議制だけでは限界があって、それを補うために意思決定の手段として熟議を組み込んできたと。

しかし、現在のエネルギー分野の変化のなかで起こりつつあるのは、熟議だけではまだ抜けている部分、つまり、自分が当事者になって発言するとか、なにか具体的な行動を起こすという部分に民主主義の進展があると述べていて、これをアソシエイティブデモクラシー(Associative democracy)と呼んでいます。

分散型で自然エネルギーが普及してきたデンマークには、6,500基の風力発電、1,000基のコジェネ、数千基のバイオマスがあって、その7割以上は地域の協同組合や農家や個人が取り組んで所有されています。そのひとつひとつに取り組んだ人たちの物語があって、100%自然エネルギーを実現させたサムソ島のような小さな地域でも紆余曲折に富んだ当事者たちの物語があります。

そういった当事者性をもった取り組みの積み重ねが、間違いなくこれからの民主主義の質を変えていくでしょう。改めてデンマークのこれまでの軌跡を振り返ってみると、その根底には常に「豊かさ」や「幸福」についての問いかけがあり、エネルギーデモクラシーの手がかりはそこにあるように思います。

<次ページに続く:信頼と価値創造

ページ: 1 2 3 4 5