2015年のドイツの電力エネルギー総まとめ

ドイツのシンクタンク「アゴラ・エネルギーヴェンデ(Agora Energiewende)」が、ドイツの2015年の電力市場のまとめを発表しました。昨年のドイツのエネルギー事情は、再エネを中心に歴史的な記録尽くしの1年となりました。このレポートからドイツの現状を見ていきましょう。

電力分野のエネルギー転換:2015年の動向(Die Energiewende im Stromsector: Stand der Dinge 2015)」と題するこのレポートは、ドイツの電力分野で昨年起きたことを10のポイントにわかりやすくまとめたものです。ポイントを訳しながら、日本のエネルギー政策との違いなどを簡単に解説していきます。


1. 再生可能エネルギーにとって最高記録の年に

再生可能エネルギーによる発電量が、全発電量の30%となり、再エネの存在がさらに際立ちました。特に風力発電は、昨年の9.1%から13.3%と+4.2ポイントで、発電量でも5割増の成長を見せました。

ドイツの総発電量は、昨年674.1TWh(過去最高)でおよそ日本の3分の2に当たります。このうち再エネによるものが194TWhで、これは25年前の1990年に比べて10倍に伸びました。当時は、ほとんどが水力発電だったことを考えると、驚くべき普及です。また、前年の2014年比で31.6TWhの増加となり、1年間の増加量も過去最高となりました。

もうひとつの再エネに関する重要な数字は、電力の輸出などを除いた消費電力に占める割合です。これが、ドイツ国内の消費電力の32.5パーセントに達し、ほぼ3分の1の消費電力が再エネによることになりました。

解説:

これは、紹介しているレポートの表紙に大きく示されるほどのインパクトだったようです。また、政府が目標としている2025年における再エネ電力の割合は40%から45%の間となっており、この達成に向けても着実に歩んでいることを示しています。

2. 電力使用量はわずかに上昇

2015年にドイツ全体で使用した電力量は、前年に比べて1.7%と、わずかですが増加しました。これは全体に寒かった天候による要因が大きいとしています。しかし、2020年までに2008年比で10%の電力使用量を減らすという目標に対して、2015年段階でわずか3.4%しか進んでいないことになります。これは、いわゆる省エネ、エネルギー効率化の課題で、目標達成のためには、さらなる効率化が必要だとしています。

解説:

ここで重要なことは、エネルギー消費と経済成長の「デカップリング(分離)」です。日本と違って、ドイツはこの10年間ほどの間に着実な経済成長を続けていますが、一方で、エネルギーの効率化も行われ、電力消費は確実に減っています。

そこに経済成長とエネルギー消費の「分離」を実践している手本と言われる現状があります。いまだに経済成長に合わせて電力消費が増えるというモデルを前提にしている日本政府と比べ、際立った違いを見せています。

3. 従来型のエネルギーによる発電の減少

再エネに比べ、従来型の発電はいずれも減少しました。原子力と天然ガスは前年に比べて数TWh、また、石炭からの電力はわずかに減少しました。原発の減少は脱原発政策の着実な進行、天然ガスは再エネ発電の拡大による「メリットオーダー効果」の影響です。ただし、昨年の寒さによって、熱需要が増えたため天然ガス全体の消費はやや増えています。

この後、5の項で示すように、ドイツでは需要を大幅に越えた発電量が輸出に回っています。取り上げたレポートでは「国内の電力需要は再エネ電力でこれまで以上にカバーされているため、石炭火力での電力がますます輸出されるようになっている」とまとめています。

解説:

原発の減少による電力が再エネで補われていることが数字で証明されています。ここでも「日本の常識」とは違う実態が見て取れます。

4. 気候変動対策の停滞

CO2の排出は前年に比べて、わずかに上昇しました。これは2015年が寒い年となり、暖房用のエネルギー需要がやや増えてことによるとしています。これで、2011年の水準に戻ってしまいました。ドイツの2020年時点でのCO2削減目標は1990年比26%というもので、達成はさらに厳しくなったとみられています。発電に限らず、熱や交通セクションを含めた広いエネルギーにわたる一貫した脱CO2戦略が必要であるとレポートは結んでいます。

解説:

大きな要因の1つは、石炭による発電が変わらず続いていることです。COP21の合意からも今後石炭発電に対する風当たりはさらに強くなることは必至と考えます。

5. 拡大を続ける電力輸出

2015年のドイツの電力輸出は過去最高の97.8TWhとなりました。一方で、周辺国などからの電力の輸入は36.9TWhで、純輸出はおよそ61TWhとこちらも過去最高でした。昨年の記録を破ったばかりか、50%増を達成しています。これは、ドイツの総発電量のおよそ8%という数字です。ドイツに対して、電力の大幅な輸入超過となっているのは、オーストリア、オランダ、フランスなどで、いずれも年間でおよそ10TWh以上を多くドイツから買っています。最大の理由は電力価格の差です。電力も商品ですから、安い電力は魅力となります。ドイツのマーケットの電力価格はスカンジナビア諸国についでヨーロッパで2番目に低い実績があります。

解説:

どうでしょう。皆さんの常識と一致しているでしょうか。「ドイツの再エネの導入が拡大できたのは、フランスの原発の電力があるから」「再エネの導入で、ドイツの電力価格が高騰した」と思っている方がまだいらっしゃるかもしれませんが、これを機会に正しい認識を持っていただきたいと思います。今後、このような勘違いを聞いた時には、それを主張する人が遅れた知識を持っているか、あえて嘘を喧伝していると警戒した方が良いでしょう。

細かく示すと、昨年フランスは、ドイツから13.27TWhの電力を輸入し、ドイツに3.84TWhの電力を輸出しました。その差は、フランスの9.43TWhの輸入超過です[1]。フランスは、福島事故の直後の2〜3か月を除いて、一貫してドイツに対して電力の輸入超過状態です。隣国ドイツの電力を当てにしているのは、フランスの方です。原発に頼り過ぎて冬の暖房を電気に変えた家庭などが多かったのも電力需要の増加を呼んだと言われています。また、なぜフランスがドイツから電力を輸入するかという理由は、電力の市場で取引される価格を見てみれば一目瞭然です。

昨年12月で、ドイツでは1kWhあたりおよそ3.1ユーロセント(およそ4.1円、1ユーロ=130円換算)、フランスは3.5ユーロセント(およそ4.7円)とドイツの方が安くなっています。昨年のどの時期でも一貫してドイツの方が安いという傾向があります。フランスの電力も他の欧州諸国に比べれば安いのでのですが、ドイツにはかないません。ドイツでは、再エネの拡大、特に太陽光によるメリットオーダー効果でどんどん電力の市場価格が下がっています。

「再エネは高く、原発の電力は安い」というのが過去の神話であることは理解して頂けたと思います。

<次ページ:卸売電力価格はさらに下がるが、家庭の料金は高止まり

ページ: 1 2 3