本当に重大なことは議題にしない日本の政治文化(書評)

ドイツと日本は、人口や経済規模、産業構造、歴史など多くの点で似ており、しばしば比較される。そのドイツは脱原発したのに、なぜ日本にはできないか。誰もが思う疑問だ。本書はその「回答」の一つかもしれない。 続きを読む

  • 3.11後の日本のエネルギー×デモクラシー

    エネルギーと社会のあり方が分散型へと変化していくなかで、個別の取り組みを長期的な時間軸の中で体系的に位置付ける思想、哲学、コンセプト、アイデアなどを探るEnergy Democracy Salon。今回は「3.11後の日本のエネルギー×デモクラシー」をテーマに、佐々木寛氏(新潟国際情報大学)のコーディネートのもと、小林正弥氏(千葉大学)×平川秀幸氏(大阪大学)×宮台真司氏(首都大学東京)の鼎談をお届けします。(2015年9月11日に開催された環境エネルギー政策研究所15周年記念シンポジウムより抄録) 続きを読む

    ページ: 1 2 3 4 5 6