ドイツ選挙で当選したショルツ氏の気候・エネルギー計画とは?

オラフ・ショルツ氏は、ドイツの社会民主党(SPD)を率いて、2021年の選挙で予想外の勝利を収めました。メルケル政権の財務大臣であったショルツ氏は、メルケル政権時代からの継続を基本としながら、社会的公正の強化と、再生可能エネルギーの拡大を他のすべての脱炭素化計画の前提条件として再活性化することを選挙戦で訴えました。

選挙で当選したオラフ・ショルツ氏は、「気候宰相」になりたいと語っています。(写真:CMYK/SPD)

しかし、ショルツ氏は、ドイツが気候中立的であるために必要な条件を満たすことと、市民の気候変動対策費用負担を抑えるという公約でSPDを支持した有権者を疎外しないことの間で、難しい舵取りを迫られます。緑の党や親ビジネス派の自由民主党(FDP)を含む連立政権の次期首相となる可能性のあるショルツは、前任のメルケル首相のような「気候宰相(climate chancellor)」になりたいと語っていますが、これまでの政策選択を見る限り、その野心を実現するにはまだ課題がありそうです。

多くの人が驚いたことに、ショルツ首相候補が率いるSPDが、2021年のドイツの選挙で最強の政党となりました。選挙で勝利したショルツ氏は、緑の党や親ビジネスのFDPと連立政権を組むつもりであることを明らかにしています。しかし、この試みが成功するかどうかは、ドイツの将来の気候・エネルギー政策に関する共通認識を得ることが決定的な役割を果たすと思われます。SPDの選挙プログラムでは、地球温暖化の防止を「世紀の課題」として強調していましたが、トップの候補者は、エネルギー・気候政策ではまだ評価されていません。

ドイツ最古の政党であるSPDは、投票日のわずか数週間前に、数年間続いていた世論調査の評価低下に終止符を打ち、26% 対24% でアーミン・ラシェット氏が率いる保守派のCDU/CSU連合を破り、僅差で勝利を収めました。この結果、ドイツ初の3党連立政権が誕生する可能性が高まりました。

保守派は、緑の党や親ビジネスの自由民主党との連立も視野に入れていますが、ショルツ氏の連立による首相就任は、政治的にも有権者の間でも支持されています。保守派のアンゲラ・メルケル政権下で財務大臣および副首相を務めたショルツ氏は、メルケル首相が現在も広く支持されている合議制の政治スタイルを継続すると同時に、社会正義や労働者の権利の問題をより重視するという若干の変化を約束し、選挙戦を成功させました。

SPDは、過去20年間、ドイツのエネルギー政策全体を大きく形成してきました。1998年以降の6つの政権のうち5つの政権で、シニアパートナーまたはジュニアパートナーを務め、退陣する政権の気候・エネルギー関連法案のほとんどを導入、または少なくとも支持しました。これには、ドイツの気候行動法、石炭の段階的廃止、あるいは再生可能エネルギー法(EEG)の改革などの政策が含まれます。しかし、SPDとショルツ氏は、メルケル首相の保守派がしばしばより野心的な政策を阻止していたことを繰り返し強調し、新政権が成立した直後に、2045年の気候中立目標に向けた道筋をつけるための迅速な改革をおこなうことを誓っています。

2045年までに温室効果ガスの排出量をゼロにするという目標を達成するためには、さまざまな施策を迅速に実施する必要がありますが、これらの施策の多くは、有権者の支持や社会的結束の面で厳しい課題となることが、研究者や専門家の間で指摘されています。SPDが緑の党やFDPと協力して政権をとれば、エネルギー転換による損失を恐れる化石燃料や自動車産業の労働者から、何十万人もの気候変動反対派の人々、急速な脱炭素化がもたらす短期的なビジネスコストを心配する中小企業まで、さまざまな利害関係者と渡り合わなければなりません。

有権者を気候変動コストから守るというSPDの公約はCO2価格にブレーキをかける可能性がある

2007年から2009年まで、メルケル首相の下で雇用大臣を務めたショルツ氏は、低賃金労働者や借家人の利益を重視した選挙戦を展開し、市民の経済的・社会的闘争に対する「敬意」を示しましたが、その中で気候政策は社会正義と同列に語られることが多くありました。ショルツ氏は「気候宰相」になりたいと述べていますが、これではSPDが排出量削減のために有権者に経済的な負担を要請することにも限界がありそうです。党内左派のノルベルト・ウォルター・ボルヤンス氏とサスキア・エスケン氏が、2019年のSPD党首選の内部争いでショルツ氏を破って党首となったことから、なおさらです。

ショルツ氏自身は、中道寄りのプラグマティストと考えられており、雇用者や大手金融機関にも耳を傾けますが、エネルギー転換における裕福でない人々の苦境を無視しているという印象を与えないように気を配っています。今年7月、ショルツ氏は気候保護のために「大きな犠牲を払う必要はない」と述べ、高給取りが排出量削減のために他の人よりも大きな力を発揮することを示唆しました。SPDのエネルギー政策担当者であるヨハン・ザートホフ氏は、クリーンエナジーワイヤーとのインタビューで、気候変動コストの上昇に対する党の慎重なアプローチを支持し、2021年にのみ導入される交通機関や暖房におけるカーボンプライシングの影響をすでに感じている人々には、適応するためのサポートが必要であると述べました。

ショルツ氏は、産業界の排出物に対する既存のEU排出権取引制度(ETS)と同様に、ドイツの運輸と暖房における国定炭素価格を欧州全体に拡大することには賛成していますが、そもそも国定価格の導入には消極的で、CO2価格が導入された後のドラスティックな値上げにも懐疑的です。ショルツ氏は2021年6月、緑の党による燃料価格の引き上げ提案を批判し、「燃料価格をひたすらねじり続ける人たちは、市民の苦難に関心がないことを示している」と述べた。

ショルツ氏が再生可能エネルギーの拡大を加速させるためには、ドイツの行政を近代化する必要がある — エネルギー弁護士

ショルツ氏は、自分が新政権のリーダーになった場合、短期的には再生可能エネルギーの拡大を加速させることを気候変動政策の重要な野心としています。彼の主要なメッセージは次の通りです。「再生可能エネルギーの拡大に注力してください。そうしないと、e-モビリティから暖房、グリーン水素の製造、インフラの近代化まで、他のすべての脱炭素化計画に必要なクリーンな電力が不足してしまいます。」ショルツ氏は、選挙期間中「次の立法期間がはじまる時点で、新政府にとってもっとも重要な課題は、再生可能エネルギーの目標値を引き上げ、より迅速な承認と送電網の拡張を可能にすることである」と述べました。SPDは選挙プログラムの中で、2040年までに再生可能電力を100%にすること、すべての屋根、すべてのスーパーマーケット、すべての市役所、すべての学校に太陽光発電設備を設置すること、州や地方自治体に拘束力のある再生可能エネルギー目標を与える「未来のための協定(pact for the future)」を要求しています。

ショルツ氏は、これらの計画を確実に実現するために、今後数十年の間に脱炭素社会を実現するのに十分な再生可能電力を産業界に保証するための新法を約束しました。ショルツ氏は今年はじめ、保守党主導のエネルギー省が、ドイツが将来的に従来の計画よりもはるかに多くの電力を必要とし、それに応じて再生可能エネルギーの容量目標を調整すべきであることを認めていないと揶揄していました。ショルツ氏は、気候・エネルギー政策の「即時的な再出発」を約束し、「首相として、最初の年にスピードを上げることを約束する」と述べ、風力発電やその他の投資の承認手続きを加速させる計画であると付け加えました。

ドイツでは現在、陸上風力発電の拡大が遅れており、再生可能エネルギーの普及を加速させるための最大の障害となっています。陸上風力発電は、すでにドイツの年間電力消費量の約4分の1をカバーしており、将来のパワーミックスにおいても最大の柱となるはずです。しかし、風力発電の拡大は、ドイツのエネルギー転換の難点のひとつでもあります。風力発電所の新設に対する地元の反対運動や、風車の建設場所に関する多くの州の制限的な規則、長引く計画的な手続きなどにより、2017年以降、風力発電の容量増加はほぼ停止しています。ショルツ氏は、「(風力発電設備の)承認と参加の手続きをスピードアップしなければならない」と述べています。風力発電機の承認は「6年かかるべきではなく、6カ月で成功しなければならない」と選挙戦中に語っていました

しかし、計画の手続きを単純に合理化し、市民参加を削減するというショルツ氏の中心的な考え方は困難を招く可能性があると、エネルギー関連の弁護士であるミリアム・フォルマー氏はクリーンエナジーワイヤーに語りました。現行法ではすでに、承認手続きを7ヶ月以内に収めるための期限が設けられています。しかし、生物種の保護や騒音の問題で困難が生じるケースでは、裁判所が建設の中止を命じるため、もっと時間がかかるといいます。「ステークホルダーの参加や環境団体の法的措置の権利については、ドイツではEU法で義務付けられており、連邦議員が廃止することはできません」と説明します。フォルマー氏は、計画手続きを本当に迅速化するには、行政や裁判所のスタッフや装備を充実させることだとし、「デジタル化に真剣に取り組んでいるFDPと、行政関係者に強く支持されているSPDなので、SPD、緑の党、FDPの連立政権には行政を近代化する現実的なチャンスがあるはずです」と付け加えました。

早期の石炭撤退? ショルツ氏は「実現させたい」と考えている

前回の選挙で大きな話題となった気候変動対策のテーマであるドイツの石炭廃止について、ショルツ氏は、最終的な廃止時期を現在の目標である2038年から前倒しするかどうかについて、複雑なメッセージを発しました。ショルツ氏は、8月に行われた選挙イベントで、東部の鉱山地帯ルサティアの石炭労働者を前にして、ドイツは脱石炭のスケジュールを守るべきだと述べました。「私たちは、企業にとっても、労働者にとっても、そして地域にとっても重要で明確な協定を結んだ。そして、これらの協定は適用され、尊重されるべきです」と述べましたが、数日後、他の首相候補との討論ではこの約束を修正しました。彼は「私たちは、より早い段階での廃止を可能にする定期的な評価をおこなっており、2038年が可能性のある最後の年です」と主張し、石炭火力発電の早期廃止を「実現したい」と述べました。彼にとって石炭の廃止は、ドイツ国内だけでなく世界各地で再生可能エネルギーの導入を促進し、代替手段を確立するという課題と密接に結びついています。「世界中で何百もの新しい石炭火力発電所が計画されています。世界各地で何百もの石炭火力発電所の新設が計画されていますが、より良い代替手段がある場合に限り、これらの発電所は稼働しません」と彼は主張します。

2021年ドイツ連邦選挙の最終結果速報(出典:連邦選挙管理委員会 2021年9月27日)

ショルツ氏は自動車メーカーが自力で化石燃料車に賭けるのを止めることができると確信している

喫緊の課題でありながら大きな議論を呼んでいる運輸部門の排出量削減について、ショルツ氏は、ドイツでは新車の乗用車に内燃機関を搭載することを禁止する必要はないと主張しました。同時に、電気自動車への移行を実現するために、自動車メーカーが政府から多額の支援を受ける必要はないとも述べています。「自動車会社は自分たちで何百億ドルもの投資をすることができるし、実際にそうしている」としながらも、小規模なサプライヤー企業が電気自動車への移行を乗り切るためには、国の投資が必要になるかもしれないと述べています。彼はまた、緑の党が提案した、道路インフラをこれ以上拡大すべきではないという考えに反対し、新しい電気自動車には「良い道路が必要」だと主張しました。ショルツ氏は、旅客や貨物の交通量を道路から鉄道に移行させるという「長期的な」目標は、一部の人々が期待しているよりもはるかに長い時間がかかるだろうとし、だからこそドイツには道路インフラをおろそかにする余裕はないと主張しました。

持続可能な金融と国際的な「気候クラブ」の設立

ドイツの気候政策に関連する他の分野では、ショルツ氏は2018年から財務大臣としての立場を利用して、金融セクターを排出削減目標に合わせてよりよく調整し、気候に悪影響を与える活動の資金を枯渇させることを目的とした国家持続可能金融戦略の作成を監督しました。この戦略は、まだEU全体の持続可能な金融の分類法の最終決定にかかっており、批判的な人たちには一部の面で不満が残っていますが、遅きに失したものの、気候政策のギャップを埋めるものとして広く歓迎されました。

ショルツ氏は、気候変動対策における国際協力を視野に入れ、排出量削減にもっとも意欲的な国を集めた「気候クラブ」を提案し、前進させました。ショルツ氏の提案は、これらの国の企業に温暖化防止のための義務を課すと同時に、国際競争による不利益から国民経済を守ることも目的としています。ショルツ氏が打ち出した経済協力案は、これからの厳しい時代にドイツがどのように気候変動対策に取り組むべきかについての彼の一般的な考えを示しています。「SPDにとって、気候変動対策は産業プロジェクトであり、再教育コースではありません」。

記事:ケアスティン・アップン(Kerstine Appunn)、ベンジャミン・ヴェアマン(Benjamin Wehrmann)Clean Energy Wire記者

元記事:Clean Energy Wire “What are the climate and energy plans of German election winner Scholz?” by Kerstine Appunn and Benjamin Wehrmann, 29 September 2021. ライセンス:“Creative Commons Attribution 4.0 International Licence (CC BY 4.0)” ISEPによる翻訳