ウクライナ戦争でドイツのLNGターミナル建設計画が机上に戻る

ウクライナとの戦争により、ロシアのガス供給から離脱し、供給源を多様化することがドイツ政府の最重要課題となっています。その一環として、オラフ・ショルツ首相は、ドイツ国内に2つの液化天然ガス(LNG)輸入ターミナルを建設することを発表し、政府は浮体式ターミナルをリースする計画もあると述べています。

ドイツは天然ガスのパイプライン網が発達しており、近隣諸国のターミナルと接続されていますが、LNGを直接受け入れる自国の港は現在持っていません。このQ&Aでは、ドイツおよび欧州におけるLNGの現状と今後の計画について紹介します。

[原文UPDATES:4つの浮体式ターミナルに関するニュースを追加。そのうちのいくつかは、早ければ2022/2023年冬に操業開始の可能性があります。]

LNGとは?

LNG(液化天然ガス)とは、天然ガスを貯蔵・輸送しやすいように過冷却(-162℃)して液状にしたものです。天然ガスは、液体状態では気体の600倍の体積があり、LNGは従来の天然ガスパイプラインでは届かない場所まで船やトラック、鉄道で輸送することができ、そのまま燃料として使用することも可能です。一般的には、まず原産国で液化した後、船で輸送し、目的地で再ガス化した後、既存のガス網やパイプラインに供給されます。

天然ガスは、他の化石燃料に比べて燃焼時の二酸化炭素排出量が少ないため、より汚れた化石燃料とカーボンフリーなエネルギー源との間の「ブリッジ燃料」として、多くの国で注目されています。しかし、天然ガスの主成分は温室効果ガスであるメタンであり、天然ガスの生産、輸送、貯蔵におけるメタンの漏洩率については、現在も議論が続いています

2020年にコロナウイルスのパンデミックにより世界的な需要ショックが発生し、ガス生産に影響を与えました。その後、景気回復にともなう需要の回復に供給が追いつかず欧州を中心にガス危機が発生し、価格は過去最高を記録しました。

国際エネルギー機関(IEA)によると、2021年の世界のLNG貿易は6%拡大しました。BPのStatistical Review of World Energy 2021によると、2020年には世界のガス貿易(地域内パイプラインガス貿易を除く)の約半分を占めるようになりました。

どこから来るのか?

LNGの世界最大の輸出国は、オーストラリアとカタールです。米国もLNGの輸出を増やしており、2022年には世界最大の輸出国になる可能性があります。その他の主要輸出国は、マレーシア、ナイジェリア、インドネシア、アルジェリア、ロシア、トリニダード・トバゴ、オマーン、パプアニューギニアです。

誰が買っているのか?

2021年の世界最大のLNG輸入国は中国であり、次いで日本です。合わせると、欧州諸国も相当な割合を輸入しています。2020年、欧州は世界の地域間LNG貿易の4分の1を担っています

EUのLNGターミナル(出典:欧州委員会2022年)

2021年にはEU13カ国が合計800億立方メートルのLNGを輸入し、2021年のEU域外ガス輸入総量の20%をLNGの輸入が占めました。天然ガスの大部分はパイプラインで輸入されており、そのほとんどがロシアとノルウェーからです。現在、EUのガス需要の約10パーセントは国内生産で賄われていますが、この割合は今後数年で減少するとみられています。

EUにおける最大のLNG輸入国は、スペイン(21.3bcm)、フランス(18.3bcm)、イタリア(9.3bcm)、オランダ(8.7bcm)、ベルギー(6.5bcm)です。(bcm = 10億立方メートル)

出典:欧州委員会

欧州のLNGターミナルは年平均で稼働率が低いものの、ロイターは、2022年2月にほとんどのターミナルがフル稼働したと報じています。スペインは大陸で最大の容量(まだフル稼働していない)を持っていますが、大陸の他の地域とのパイプライン接続は限られています。

欧州委員会は、LNGはEUのガス供給の多様性を高め、その結果、エネルギー安全保障を向上させることができると述べています。2018年7月、欧州委員会のジャン=クロード・ユンケル委員長は、潜在的な貿易戦争を冷やすための譲歩として、EUが米国から大量のLNGを輸入すると公約しました。政治というよりビジネスの側面が強いものの、米国から欧州への輸出はそれ以来、確かに毎年増加しています。2021年のEU向けLNG輸出量は過去最高を記録し、220億立方メートル超、推定輸出額は120億ユーロに達しました。

2022年3月、米国とEUは、米国が2023年から欧州へのLNG輸出を年間50bcmに規模拡大すると発表しました。しかし、大陸が現在のロシアのパイプラインガスのかなりの部分を異なる供給源からのLNGで置き換えることを目指すなら、輸入インフラは不十分です。

European Policy Centreの気候・エネルギーアナリストであるサイモン・デケイレル氏は、Energy Monitorの取材に対し、「ウクライナ戦争の影響で、今、EU加盟国全体で新しいプロジェクトの発表が目白押しだ」と語りました。「しかし、大規模なLNG輸入ターミナルは、建設から稼働まで5年程度かかり、「非常に大きな投資」が必要だ。」

ドイツ独自のLNG輸入ターミナル

ドイツは世界有数のガス輸入国であり、消費量の約95%を海外から調達しています。2021年にはドイツのエネルギー需要の4分の1以上が天然ガスで賄われ、石油に次いで重要なエネルギー源となっています。ロシア(約55%)、ノルウェー、オランダがもっとも重要な供給国です。現在、ガスはパイプラインを通じてのみドイツに輸入されています。

ドイツは自国のLNG再ガス化ターミナルを持たず、近隣諸国、特にベルギーとオランダのターミナルを経由して輸入しています。また、ドイツは一部のLNGを陸上貨物で受け入れています。

長年、ドイツは近隣諸国からパイプラインでガスを受け入れており、欧州のLNG輸入能力は十分に活用されていないため、ドイツへのLNG直接輸入は経済的に不可能と考えられてきました。また、LNGの輸入はパイプライン経由のガスよりも割高であるという批判もあります。

そのため、近年は国内LNGターミナルの議論はほとんどおこなわれず、計画の遅れや不透明感に悩まされてきました。しかし、プーチン大統領の対ウクライナ戦争、ロシアによる送電停止の可能性、ガス価格の高騰などを受け、ロシアへの依存度を下げたいとの思いから、議論が再燃しています。

ロシアがウクライナに侵攻した後、ショルツ首相はドイツが2つの国内輸入ターミナルを建設すると発表しました。ロバート・ハーベック経済・気候相は「自国の領土でエネルギー供給を管理し、主権を保証する」ために必要だと述べました。ドイツ政府はすぐにブルンスビュッテルでのターミナルプロジェクトの50%を共同出資すると発表しましたが、ヴィルヘルムスハーフェンでの2番目のプロジェクトに対する国家の関与についての詳細は2022年4月初旬まで不明のままでした。

ドイツ政府は、固定式の陸上ターミナルに加え、短期的にはいわゆる浮体式貯蔵・再ガス化装置(Floating Storage and Regasification Units, FSRU)のリースも計画しており、早ければ今冬(2022/2023年)にもそのうちの1基を設置する可能性があります。2022年4月、経済省は詳細を協議中であり、ヴィルヘルムスハーフェン、ブルンスビュッテル、シュターデ、ロストック、ハンブルグの各港を含む候補地を検討していると発表しています。ドイツのニュースサービスTagesspiegel Backgroundによると、ロシアの対ウクライナ戦争の影響により、現在世界で50隻弱あるFSRUの国際競争が起きているそうです。Handelsblattは、政府が合計4隻のFSRUをリースする計画であると報じました。

首相は、陸上の固定式ターミナルが、いずれは気候変動にやさしいガスの取り扱いに転換される可能性があることを強調しました。「今日ガスを受け入れているLNGターミナルは、明日にはグリーン水素を受け入れることができる」とショルツ氏は述べました。これは、経済省の計画と一致しています。Clean Energy Wireが見た危機管理強化に関する文書では、同省は、新しいLNGターミナルは「水素対応型」で建設されなければならず、ターミナルの建設にどれだけの国家支援が必要かを評価する必要があるとしています。

ドイツにとって、ガス分野での自立性を高める魅力的な理由はほかにもあります。海運会社は、現在使用しているCO2排出量の多い燃料の代替としてLNGを必要とする可能性が高く、貨物産業における排出量削減の取り組みにおいてLNGが果たす役割は大きくなる可能性があります。ドイツの港湾が国際的な競争力を維持したいのであれば、将来的にLNGを船舶に供給する必要があると、ドイツの経済誌Handelsblattは2018年に書いています

ドイツの輸入ターミナル計画への批判

環境保護団体からは、ドイツのLNGターミナルにかなりの反対意見があります。Environmental Action Germany (DUH)は、ショルツ氏の決定が「時期尚早」であり、このような施設は化石エネルギーへの依存を高めると述べました。

4月、DUHはシュターデの輸入ターミナル計画を批判し、現在のエネルギー危機を救うものではなく、気候に悪影響を与えると主張しました。「開発事業者や政治家は真逆の主張をしていますが、このターミナルは化石天然ガスの輸入にしか使えません」と、マネージングディレクターのサッシャ・ミュラー・クレナー氏は述べています。つまり、この施設はエネルギー転換に貢献するものではなく、今後数十年にわたって気候に悪影響を与える燃料への依存を強固にしてしまいます。

ドイツ経済研究所(DIW)の最近の報告書は、ドイツには独自の輸入ターミナルは必要ないと結論づけました。研究者は、このプロジェクトは「長い建設期間と中期的な天然ガス需要の急激な減少のために意味をなさない」とし、座礁資産への警告を発しています。

ドイツのLNGターミナルプロジェクト

現在、ドイツでは数年前から3つの大きなLNGターミナルプロジェクトが計画されています。ショルツ氏は講演で、北海に近いエルベ川のブルンスビュッテル(German LNG Terminal)と、競合するヴィルヘルムスハーフェン市(LNG Terminal Wilhelmshaven GmbH)に言及しました。3つ目の固定式陸上ターミナルのプロジェクトは、ハンブルク近郊のシュターデ(Hanseatic Energy Hub)にあります。

最北のシュレスヴィヒ・ホルシュタイン州のブルンスビュッテルでは、German LNG Terminalというコンソーシアムが、80億立方メートルの再ガス化施設を建設することを計画しています。このプロジェクトは遅延していましたが、2022年3月に政府は50%を共同出資すると発表しました。地方政府は規制を変更し、建設を加速させることを目指しています。計画を早めることができれば、2026年までに稼働させることができます。「シュレースヴィヒ・ホルシュタイン州は、ブルンスビュッテルでのLNGターミナル建設に対する首相の明確なコミットメントを迅速に進めるため、全力を尽くす」とダニエル・ギュンター州首相(CDU)は述べています。ブルンスビュッテル・プロジェクトは、Gasunie LNG Holding B.V.、Oiltanking GmbH、Vopak LNG Holding B.V.による共同事業で、過去に環境保護運動のターゲットとなったことがあります。

ドイツのエネルギー企業Uniperは、北海のヴィルヘルムスハーフェンに浮体式LNGターミナルを計画していましたが、2020年にこれを見直しました。「現在の状況では、市場関係者がこのターミナルの輸入能力について拘束力のある予約をすることに消極的だからです。」その数ヵ月後に正式に計画を取り下げ、代わりに同地にグリーン水素ハブを建設することを目指すとしました。しかし、ショルツ氏の公約後の2022年2月、経済紙Handelsblattは、政府がUniperにLNG港計画を復活させるよう要請したと報じています

ショルツ首相が議会演説でブルンスビュッテルとヴィルヘルムスハーフェンにしか言及しなかったのに対し、シュターデはターミナルの実現に向けた試みを続けています。ガス業界のロビー団体Zukunft Gasが2022年3月初旬に開催したオンラインブリーフィングで、ヨハン・キリンガー氏は、このプロジェクトは他の2つに比べて「あまり目立たなかった」と述べています。米国の化学会社Dowは4月11日、シュターデのHanseatic Energy Hub(HEH)プロジェクトに少数株主として参加すると発表しました。HEHコンソーシアムは、同地にあるDowの工業団地に液化ガスの輸入ターミナルを建設し、所有、運営することを計画しています。HEHのヨハン・キリンガー社長は、2026年までにLNGターミナルを稼動させることができるとHandelsblattに語りました

浮体式ターミナルに関しては、ヴィルヘルムスハーフェン、ブルンスビュッテル、シュターデ、ロストック、ハンブルグの各港がこうした船舶の受け入れに関心を示しています。ヴィルヘルムスハーフェンとブルンスビュッテルについては、立地として決定していたと、政府の広報担当者はHandelsblattに語っています。ニーダーザクセン州政府は、遅くとも2023年初頭までに浮体式ターミナルによるLNG輸入を開始する計画であると述べています。これはヴィルヘルムスハーフェンに関するものです。ブルンスビュッテルについては、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン州のダニエル・ギュンター州首相が、同じく2023年初頭までに浮体式ターミナルの操業を開始することを目指しているとWeltに語りました

UniperとRWEは、このような浮遊式輸入ターミナル4基をリースするために政府を支援しています。両社は4月末にHandelsblattに対し、ターミナルに関する最終交渉を行っていることを明らかにしました。

著者:レイチェル・ヴァルトホルツ(Rachel Waldholz)、ベンジャミン・ヴェアマン(Benjamin Wehrmann)、ジュリアン・ヴェッテンゲル(Julian Wettengel)

元記事:Clean Energy Wire “Ukraine war puts plans for German LNG terminals back on the table” by Rachel Waldholz, Benjamin Wehrmann and Julian Wettengel, 27 April 2022. ライセンス:“Creative Commons Attribution 4.0 International Licence (CC BY 4.0)” ISEPによる翻訳