もし、ロシアからドイツへのガス供給がストップしたらどうなるのか?

ウクライナ侵攻後の地政学的混乱において、天然ガスは間違いなくロシアにとってもっとも重要なエネルギー資産です。EUと他の西側諸国は、ロシアの石炭禁輸と石油供給の広範囲な停止に合意しましたが、天然ガスの輸入禁止はEUに拒否されました。

ドイツやイタリアといった大国を含むいくつかの加盟国は、突然の供給停止に対処するにはガスに頼りすぎており、ロシアのパイプライン・ガスを短期間で代替することは、石炭や石油の代替供給源を見つけるよりもはるかに困難であると述べています。したがって、ロシアとのガス取引が停止すれば、欧州経済に深刻な影響を与えることになります。

すでにロシア政府は、さまざまな国へのガス供給の停止を発表しており、ドイツやEUは突然の供給停止に備えなければなりません。7月にパイプライン「ノルドストリーム1」を通じた配送が停止されて以来、懸念は高まっています。

このファクトシートでは、ガスの供給が停止される理由と時期、即時および長期の影響、ドイツとEUがすでに講じている予防措置について説明しています。また、この問題を取材するジャーナリスト向けに、相談できる専門家や重要な資料もリストアップしています。

[原文 7月28日追記:ガスプロムがノルドストリームの流量をさらに削減、ガス貯留の新たな目標も設定]

なぜ、いつ、ロシアからのガス供給がストップするのか?

ロシアと欧州の主要ガス顧客は、モスクワのもっと重要な収入源のひとつであるガス取引について、西側同盟国からの度重なる停戦要請にもかかわらず、制裁やその他の戦争関連措置によってガス取引が妨げられることはない、と当初は主張していました。しかし、ロシアが3月にガス出荷の代金をロシア・ルーブルで支払うよう要求したことは、ロシア政府が天然ガスをEUの政策立案者に影響を与える道具として利用する用意があることを示したものとして、西側の輸入業者を憂慮させました。G7の共同声明で、EUの主要各国政府は、他の通貨を規定する既存の契約の変更は受け入れないと述べました。

それ以来、ロシアはヨーロッパへの納入量を段階的に減らしてきました。

2022年7月現在、ロシアはポーランド、ブルガリア、オランダ、フィンランドなど欧州の数ヵ国へのガス供給を削減していますが、その理由はいずれもルーブルでの支払いに応じなかったためです。5月、EUはガス取引制限の姿勢を軟化させ、いくつかの主要顧客は最終的にロシアの要求に屈して、短期的に安定供給を維持するためにルーブルで支払うようになりました。ドイツは、2024年までにロシアの供給から大きく離脱することを目標としています。しかし、ドイツやイタリアといったEUの大口顧客は今のところ完全に断たれたわけではありませんが、ドイツやイタリア、フランスへの流量が大幅に減少したことで、モスクワ政府は最終的にヨーロッパでもっとも収益性の高いガス顧客も断つのではないかという懸念を抱くようになりました。

ロシア国営ガス会社ガスプロムは6月中旬、ドイツのエンジニアリング会社シーメンスが修理に必要な機器を提供できなかったとして、主要パイプライン・ノルドストリームを通じたロシアからドイツへのガス流量を約60%削減すると発表しました。ドイツのロバート・ハーベック経済大臣は、5月にすでにロシアが化石燃料資源を「武器化」すると発言しており、遅延の技術的・法的理由が見つからないとして、ガプスロムの決定を「政治的」だと呼びました。この発表は、海底パイプラインの年次メンテナンスがはじまる数週間前におこなわれ、流量はゼロになりました。メンテナンス終了後、ガスの供給は再開されました。しかし、その数日後、ガスプロムはノルドストリームの供給量をさらに削減し、流量はフル稼働の20%程度まで落ち込みました。

6月23日、ハーベック大臣は国家ガス供給安全計画の全3段階のエスカレーション段階のうち2番目の段階である「警戒段階」を開始しました。これは、市場メカニズムに大きく依存しつつも、さらなる価格上昇と供給停止の可能性にガス消費者が備えるためのものです。

ハーベック大臣は、流量が減少したためにガス貯蔵所を計画通りに満たすことができなくなった場合、政府はガス小売りを規制する可能性があると述べました。ノルドストリームがメンテナンスのために停止したことで、国内のガス貯蔵所はほぼ2週間、以前と同じ速度で充填することができなくなりました。戦争の行方や西側諸国とロシアの相互制裁の行方によっては、冬を迎える前に貯蔵庫が十分に満たされる前に、このように供給が停止する可能性もあります。ハーベック大臣は、ドイツが暖房シーズン前にガスの貯蔵量を満たすことができなければ、「非常に、非常に熱い議論」に直面することになると警告しました

図1. ロシアからのガス流入量(単位:GWh/日)

図1. ロシアからのガス流入量(単位:GWh/日)

BNetzAによるドイツのガス供給に関する最新レポートはこちらから見ることができます。(出典:BNetzA)

ロシアのガス供給が止まると、直ちにどのような影響があるのか?

天然ガスは2021年のドイツの総エネルギー消費量の27%近くを占め、そのほとんどが暖房と産業用で、発電用の割合は低くなっています(約15%)。ドイツは侵攻以来、ロシアのガスへの依存度を2022年2月の約55%から、5月には約35%へと急速に減らすことができました。しかし、残りのシェアを代替供給源で置き換えるという大きな課題に直面しています。

ロシアがノルドストリーム1の供給を完全に停止した場合、ドイツ当局はパイプラインが空になっていることを検知するのに24時間かかるだろうと、ネットワーク機関の責任者クラウス・ミュラー氏は述べています。ドイツ側の即時反応は、供給停止時の消費レベル、ドイツのガス貯蔵所の充填レベル、他国からの利用可能な代替品に左右されます。ドイツが非常事態宣言を出すかどうかは、市場の混乱を防ぐために迅速に決定されなければならない、とミュラー氏は述べます。冬期の供給停止は、ガスの消費量が少ない夏期よりも大きな困難をもたらすでしょう。

ガス貯蔵施設は、ガス市場の一種のバッファーシステムです。ガスがストップする可能性があるとき、貯蔵庫が満杯であればあるほどよいことになります。ガス貯蔵庫が満杯になれば、ドイツの年間需要の約4分の1をまかなうことができます。7月下旬の時点では、充填率は約67%でした。政府は当初、特定の期日までにガス貯蔵施設の最低レベルを野心的に設定した新法を導入しましたが、7月の決定でさらに目標値を引き上げました。9月1日までに75%(10月1日までに85%、11月1日までに95%)の貯蔵量を確保しなければなりません。ドイツのガス貯蔵システム運営者協会INESは7月末、通信社dpaに対し、重要なパイプラインであるノルドストリームを通じてロシアからの流量が抑制されたままという前提でも、11月1日までに90%の水準に達する可能性があると述べました。

深刻なガス危機が発生した場合、ガスの配給が実施されると、いわゆる「保護顧客」が優先的に扱われます。これには、一般家庭、パン屋やスーパーマーケットなどの小規模事業者、病院、学校、警察署、食品製造業者などの重要な社会サービスが含まれます。いわゆる「中断可能契約」を結んでいる企業は、ガス配給が強制された場合、真っ先にガス供給をカットされ、次いで系統の安定に不可欠でないガス発電所もカットされることになります。その次は、2021年に国内のガス需要の約37%を占めた大口産業用需要家です。

しかし、BNetzAのミュラー氏は、さまざまな要因が影響するため、ガスカットの状況次第では、事前に明確な停止スケジュールを確立することは非常に困難な作業であると述べました。「残念ながら、これらの基準をすべて明確な順序で持ってくることは不可能です」と主張しました。というのも、ガスカットの正確な条件は事前に分かっていないのです。抽象的なカットオフオーダーを設定することは、市場関係者が計画の安全性を高めるために求めているとしても、不可能でしょう。

系統機関は、地域的なガス供給不足が一時的であっても、一般家庭には永続的な影響が及ぶと警告しています。BNetzAのクラウス・ミュラー氏は、ある地域の圧力が最低基準値を下回ると、何十万台ものガスボイラーのスイッチが自動的に切れ、有資格者が個別に再始動しなければならないと警告しています。そのため、BNetzAでは、産業界の使用量を減らすよう指示することで、このシナリオを回避することを常に目指しています。ドイツの4,300万世帯のうち、ほぼ半数が天然ガスで暖房されています。

ミュラー氏は、省エネが重要であり、最終的には供給を特定のユーザーに限定せざるを得ないと述べました。ミュラー氏は、エネルギーが不足した場合、必要不可欠でない製品やサービスは、優先順位の低いものになると述べます。「プールは重要ではないし、チョコレートケーキの製造も重要ではありません。」ハンブルグ市政府によると、この場合、温水の配給や地域熱供給の最高温度の引き下げも必要になるかもしれないそうです。

ガス不足による生産減は、化学、鉄鋼、肥料、ガラスなどエネルギー集約型の基礎素材メーカーにも不釣り合いな影響を与える可能性があります。また、長期間のガス停止を余儀なくされた場合、一部の産業設備は永久的なダメージを受けるでしょう。そのため、企業のトップは、自社製品が入手できなくなった場合、サプライチェーンにドミノ効果が起こり、「劇的な」結果になることを警告しています。これは、2008年の金融危機の引き金となったリーマン・ショックのようなかたちで、経済全体に被害を拡大させることになると主張しています。

ドイツとEUはどのような予防策をとったのか?

すでに2022年3月下旬、ドイツは、ロシアが海外の買い手からルーブルで支払いを受けることを要求したため、取引の停止につながる恐れがあるとして、国家ガス供給緊急計画の3段階のうち最初の段階を発動しています。「早期警戒」段階は、その時点では供給が脅かされていなかったため、予防的措置として宣言したと経済省は述べています。この段階の発動は、ガスのエンドユーザーにとって直接的な影響はほとんどありませんでしたが、危機の拡大に対する備えをより強固な法的・組織的な基盤に置くためのものでした。エネルギー省、ネットワーク機関、系統・貯蔵所運営会社、ガス小売業者の代表で構成される危機対応チームが結成され、事態の進展を監視し、適切な対応を準備しました。

6月中旬のノルドストリーム1経由の供給削減を受け、市場のバランスを崩す可能性があるという想定で、第2段階の「警戒」が発動されました。すでに複数の企業が、通常の市場動向として、価格の急激な上昇は許容できないと異議を唱えており、化学メーカーのBASFなどの業界大手が、海底パイプラインによる供給減を受けて価格が「大量に」上昇する可能性があると警告しています。ガス配給に対する国の直接介入は現段階ではまだおこなわれていませんが、政府は影響を受ける供給者が固定価格契約であっても値上げ分の一部を顧客に転嫁することを認める可能性があります。BNetzAのミュラー氏によれば、この動きは来年の冬の家庭の暖房費が3倍になることを意味しかねないとのことです。

政府が配給に直接介入するのは、3段階目の最後のエスカレーションである「緊急段階」においてのみで、これは供給状況の「著しい悪化」が切迫しているとみなされた時点で発動されます。この段階では、ネットワーク機関であるBNetzAがいわゆる「連邦負荷小売業者(federal load retailer)」となり、事実上ガスの配給が開始され、あらかじめ設定された基準に従って国家機関が系統運用者から配給を引き継ぐことになります。

BNetzAは、ガスの配給と停止をどのようにおこなうかを決めるために、ガス供給網の運営者と産業界の顧客に対して、「ガス・セキュリティ・プラットフォーム」で消費レベルと将来のガス需要を指定するよう要請しました。ガス需要が非常に高い企業(1時間当たり10MWh以上のガス消費)は、ガス配給の際に個別に処理することができますが、基準値以下の消費量の企業は「芝刈り方式」の掃引で処理しなければならないと、当局のミュラー氏は述べています。10MWh以上消費する大口顧客はおよそ2,500件で、産業用ガス需要の大部分を占めています。要請の目的は、企業が機械の損傷を避けるために、停止中に受け取るガス量をコントロールできるようにするためだと彼は述べました。

政府と企業・市民団体による連合のもと、ロシアからの輸入依存度を下げ、自然エネルギーへの移行を加速させることを目的としたキャンペーンが市民に省エネを呼びかけるために開始されました。暖房温度を下げ、温水の使用を控えることで、2021年のガス需要の約3分の1を占める家庭でのガス需要を大幅に削減することができます。

すでに2017年に導入されたEUのガス供給安全保障規制により、不足時に加盟国が互いにガス供給を支援することが規定されているため、即時の供給削減は一部緩和される可能性があります。EU諸国は、「連帯ガス(solidarity gas)」の供給を実際に可能にするため、必要な技術的、法的、財政的な取り決めをおこなうことが求められています。これまでドイツは、デンマークとオーストリアとのみガス支援の法的取り決めをおこない、ポーランドとイタリアとは7月末までに協議を進めてきました。

不足による深刻な影響を防ぐため、EU加盟国は来年の冬にかけてガスの使用量を15%削減することを決定しました。

図2. ドイツのガス残量:日次残量と貯蔵量の推移

図2. ドイツのガス残量:日次残量と貯蔵量の推移

カットされた場合、長期的にはどのような影響が考えられるのか?

ドイツの主要経済研究機関は、エネルギー危機における同国経済の見通しに関する共同分析の中で、供給停止は「ドイツ経済を深刻な不況に陥れる恐れがある」と述べています。ガス削減により、国内総生産(GDP)は2022年に予想される2.7%から1.9%へと1%ポイント近く減少する可能性があります。ロシアの侵攻が始まり、エネルギー危機が本格化する前の2021年秋の前回分析では、研究者は依然としてGDPが4.8%成長すると予想していました。2023年について、ガスカットは2パーセント以上の経済縮小につながる可能性すらありますが、ガス取引継続のシナリオでは3パーセントを超えるGDP成長が予測されます。ガス供給停止によるGDPの累積損失は、来年末までに2,200億ユーロに達し、ドイツの年間経済生産高の約6.5パーセントに相当します。

マンハイム大学が発表した研究によると、ガスが削減された場合の影響は、2008年の金融危機や2020年にはじまったCOVID-19の大流行よりもはるかに劇的で、GDPの損失は約8%と測定されています。「このエネルギーショックは、ドイツの産業の中核を直撃し、生産能力を強く低下させるだろう」と、同研究は述べています。

しかし、主要な研究機関は、政策立案者が短期的な損害を避けようとして、必要な構造変化を歪めないように注意するべきだと警告しています。この変化は、ロシアの供給停止にかかわらず、ガス集約型産業に影響を与えるでしょう。これまでドイツ企業が有利な価格で受け取ってきたガスから軸足を移すことは、いずれにしても避けられないからだ、と経済学者は述べています。ドイツ議会でおこなわれたガス削減の影響に関する公聴会で証言したエネルギー専門家は、ガス取引の停止に関係なく価格は上昇するだろうと述べています。

政府のエネルギー転換に関する専門委員会の座長であるエネルギー経済学者のアンドレアス・レッシェル氏は、『ノイエ・エネルギー』誌に対し、原則として化石燃料の価格上昇は、クリーンエネルギーへの転換を促進するために必要な展開である、と述べています。顧客のために迅速にコストを削減するという現在の政府の方針は、持続不可能であるとレッシェル氏は述べます。より貧しい顧客や、脅威に曝されて値上げを乗り切るのに苦労している企業は支援されるべきだが、価格は一般的に市場の動向によって決定されるべきであると彼は主張します。また、「価格上昇の最大の部分はまだ先にある」と述べ、状況の「緊急性」を認識させるために高い価格が必要であり、これらによって大規模な省エネプログラムを開始すべきであると主張しています。ロシアのガス供給に代わるものとして、レッシェル氏は、ロシアとの長期契約を他国からの液化天然ガス(LNG)の長期契約に置き換えることを目的にしてはいけないと述べています。「ガスはこれからもずっと重要な存在であり続ける。しかし、必要な量は今よりも少なくなるだろう。」

ガス危機に関連する機関とコンタクト
関連資料


著者:ベンジャミン・ヴェアマン(Benjamin Wehrmann)Clean Energy Wire記者

元記事:Clean Energy Wire “What happens if Russia’s gas supplies to Germany are cut?” by Benjamin Wehrmann, 28 July 2022. ライセンス:“Creative Commons Attribution 4.0 International Licence (CC BY 4.0)” ISEPによる翻訳