もし、ロシアからドイツへのガス供給がストップしたらどうなるのか?

ウクライナ侵攻後の地政学的混乱において、天然ガスは間違いなくロシアにとってもっとも重要なエネルギー資産です。EUと他の西側諸国は、ロシアの石炭禁輸と石油供給の広範囲な停止に合意しましたが、天然ガスの輸入禁止はEUに拒否されました。 続きを読む

  • ウクライナ戦争でドイツのLNGターミナル建設計画が机上に戻る

    ウクライナとの戦争により、ロシアのガス供給から離脱し、供給源を多様化することがドイツ政府の最重要課題となっています。その一環として、オラフ・ショルツ首相は、ドイツ国内に2つの液化天然ガス(LNG)輸入ターミナルを建設することを発表し、政府は浮体式ターミナルをリースする計画もあると述べています。 続きを読む

  • ドイツ選挙で当選したショルツ氏の気候・エネルギー計画とは?

    オラフ・ショルツ氏は、ドイツの社会民主党(SPD)を率いて、2021年の選挙で予想外の勝利を収めました。メルケル政権の財務大臣であったショルツ氏は、メルケル政権時代からの継続を基本としながら、社会的公正の強化と、再生可能エネルギーの拡大を他のすべての脱炭素化計画の前提条件として再活性化することを選挙戦で訴えました。 続きを読む

  • ドイツの輸送・建築分野におけるカーボンプライシング

    ドイツ政府は、気候目標達成のための重要な手段として、2021年から輸送部門と建築部門の温室効果ガス排出量に価格を設定することを決定しました。 続きを読む

  • 気候変動に配慮した農業 — ドイツ農業委員会の提案

    アンゲラ・メルケル首相は、2020年に「農業の未来のための委員会」を設立しました。これは、気候ニュートラルな変革に向けた取り組みに、農業分野を含めるための後発的な取り組みでした。 続きを読む

  • 電気自動車への移行により、自動車産業の雇用がどれだけ失われるか?

    電気自動車への移行が確実に進んでおり、欧州の自動車産業にはかつてない課題が待ち受けています。ますます野心的な気候目標に直面して、ガソリンエンジン車の段階的な退出は避けられないと思われ、ますます多くの国で方針が決まっています。 続きを読む

  • グリーンリソース・リユース・リサイクルがよりクリーンな電気自動車用バッテリーのカギとなる

    電気自動車のバッテリーのライフサイクル

    輸送分野のCO2排出量削減には、電気自動車への移行が不可欠です。しかし、電気自動車の需要が急増していることから、電池の環境や人に対する影響への懸念が高まっています。 続きを読む

  • 自動車メーカーのグリーン化に向けてクリーンな電池が重要なハードルとなる

    電気自動車は、より持続可能な未来へのカギとなると言われてきましたが、その製造や廃棄に伴う気候変動への影響が懸念されています。CO2ニュートラルな自動車を普及させるためには、走行中だけでなく、製造時やリサイクル時にも温室効果ガスを出さないことが求められます。 続きを読む

  • テスラがベルリンに建設するギガファクトリーは電気自動車へのシフトを加速させる

    ドイツでは最近、テスラ社の「ギガファクトリー」がベルリン近郊に建設されることが話題になっています。この夏から、内燃機関の発祥の地であるドイツで、数十万台の電気自動車を生産する予定です。 続きを読む

  • ドイツの再生可能エネルギー法2021 解説

    ドイツの画期的な再生可能エネルギー法(EEG)は、太陽光発電と風力発電を国内で最も重要な電源の2つにしたことで知られていますが、新たな改革がおこなわれようとしています。 続きを読む

  • パンデミックによってラッシュアワーは公共交通の「究極の問題」へと変わる

    ドイツ航空宇宙センター(DLR)・交通研究所の所長バーバラ・レンツ氏は、トラムやバス、地下鉄のピークタイムにソーシャルディスタンスをとることが、都市の公共交通に巨大な問題を生み出すことになると述べています。しかし、彼女は恒常的に人々がコロナウィルスへの感染拡大を恐れて公共交通の利用を思いとどまるようなことにはならないだろうと希望をもっています。 続きを読む