奴隷制の崩壊が、今日の戦争を終わらせる最短の道を明らかにする(ディスラプションのパターン Part 4)

私たちは今、歴史の岐路に立たされており、前途は楽観視できません。ウクライナでの戦争は罪のない市民を殺し、生活を破壊し、エネルギーや食料などの市場を揺るがしています。近隣諸国や自国民の権利をほとんど尊重しない政府をもつロシアとの取引に、なぜ私たちはこれまで満足できていたのでしょう。 続きを読む

  • 合成産業はいかにして天然資源に取って代わり、世界を変えていったのか – ディスラプションのパターン Part 3

    これまで自然にしかできなかったことを、人ができるようになったとき、この新しいテクノロジーは、ある分野の可能性を完全に変え、古いやり方を陳腐化させることができます。そして、そのすべては驚くほど短期間に実現します。 続きを読む

  • フランスは宇宙最強の力を忘れている – ディスラプションのパターン Part 2

    欧州では、化石燃料の供給不足によるエネルギー価格の高騰など、大規模なエネルギー危機が発生しています。そして、現在、フランスのマクロン大統領は、この課題を解決するために、原子力を活性化させたいと考えています。しかし、ディスラプションのパターンを理解すれば、これがそう簡単にはいかないかもしれない理由がわかるはずです。 続きを読む

  • ディスラプションのパターン

    私たちの社会や経済がどのように変化し、進化していくのか、そしてどこへ向かっていくのかを「ディスラプションのパターン」で説明する新シリーズの第1弾です。 続きを読む

  • ネクストエコノミー — 成長と脱成長の議論はなぜ的外れなのか

    COP26の期間中、G20サミットに向かう途中の英国首相ボリス・ジョンソンは、異例のメッセージを発しました。首相は「気候変動への取り組みを正しくおこなわなければ、文明は “ローマ帝国のように” 崩壊する」と警告しました。 続きを読む

  • 資源不足の時代を終わらせるために Part 2 – 想像を絶するクリーンエネルギーの豊かさを手に入れる

    クリーンエネルギーは、安価で豊富な化石燃料から高価で希少な再生可能エネルギーへの移行を意味すると考えられがちです。実際には、クリーンエネルギーによる変革は、私たちのエネルギー生産方法に根本的な変化をもたらすものであり、化石燃料のもとで資源不足のエピソードを歴史的に生み出してきた特定のエネルギーと労働の関係に革命をもたらすものです。 続きを読む

  • 資源不足の時代に終止符を打つために Part 1 – 鉱物資源の不足がクリーンエネルギーを頓挫させない理由

    クリーンエネルギーの普及は、原材料や鉱物などの資源不足がボトルネックとなるので、根本的な制約があると考えられています。最近では、社会が利用できるエネルギーが正味で減少するため、今後数十年の間に物質的な豊かさが低下することは避けられないと主張する人も増えています。 続きを読む