ウクライナ戦争でドイツのLNGターミナル建設計画が机上に戻る

ウクライナとの戦争により、ロシアのガス供給から離脱し、供給源を多様化することがドイツ政府の最重要課題となっています。その一環として、オラフ・ショルツ首相は、ドイツ国内に2つの液化天然ガス(LNG)輸入ターミナルを建設することを発表し、政府は浮体式ターミナルをリースする計画もあると述べています。 続きを読む

  • 米国の原子力発電 ― 現状、見通し、および気候への影響

    原子力発電は、旧い形式と潜在的な新しい形式の両面で、集中的に推進され、補助金もますます増えています。しかし、同時に、本質的に経済性が低いため、世界的に商業的な崩壊が進行しています。米国の文脈をまとめた本稿は、原子力発電に運用上の必要性がないこと、ビジネスケースや気候変動対策としての有用性がないことを強調して、この2つの傾向を記録しています。 続きを読む

  • 合成産業はいかにして天然資源に取って代わり、世界を変えていったのか – ディスラプションのパターン Part 3

    これまで自然にしかできなかったことを、人ができるようになったとき、この新しいテクノロジーは、ある分野の可能性を完全に変え、古いやり方を陳腐化させることができます。そして、そのすべては驚くほど短期間に実現します。 続きを読む

  • フランスは宇宙最強の力を忘れている – ディスラプションのパターン Part 2

    欧州では、化石燃料の供給不足によるエネルギー価格の高騰など、大規模なエネルギー危機が発生しています。そして、現在、フランスのマクロン大統領は、この課題を解決するために、原子力を活性化させたいと考えています。しかし、ディスラプションのパターンを理解すれば、これがそう簡単にはいかないかもしれない理由がわかるはずです。 続きを読む

  • ディスラプションのパターン

    私たちの社会や経済がどのように変化し、進化していくのか、そしてどこへ向かっていくのかを「ディスラプションのパターン」で説明する新シリーズの第1弾です。 続きを読む

  • テスラ・ショック − モビリティ大変革と持続可能性

    電力エネルギー領域の大変革に覆い被さるように、モビリティ大変革も始まっている。電気自動車(EV)、自動運転、ライドシェアが、加速度的に発展しながら統合されつつあり、その中心に、イーロン・マスク氏率いる米EV企業のテスラが見える。 続きを読む

  • 複合危機とエネルギーの未来

    複合危機の時代である。気候危機に直面し、パンデミックが世界を覆った。資本主義による格差や貧困、社会の分断がますます拡大し、気候危機の被害やパンデミックの影響も格差を襲う。 続きを読む

  • 世界と日本で吹き荒れるグリーンウォッシュの嵐

    実態とは異なる環境への取り組みを広告で宣伝する「グリーンウォッシュ」。国内でも散見されるが、化石燃料会社や電力会社の広告は、ニューヨーク市の基準で見ればアウトである。 続きを読む

  • ネクストエコノミー — 成長と脱成長の議論はなぜ的外れなのか

    COP26の期間中、G20サミットに向かう途中の英国首相ボリス・ジョンソンは、異例のメッセージを発しました。首相は「気候変動への取り組みを正しくおこなわなければ、文明は “ローマ帝国のように” 崩壊する」と警告しました。 続きを読む