テスラ・ショック − モビリティ大変革と持続可能性

電力エネルギー領域の大変革に覆い被さるように、モビリティ大変革も始まっている。電気自動車(EV)、自動運転、ライドシェアが、加速度的に発展しながら統合されつつあり、その中心に、イーロン・マスク氏率いる米EV企業のテスラが見える。 続きを読む

  • テスラがベルリンに建設するギガファクトリーは電気自動車へのシフトを加速させる

    ドイツでは最近、テスラ社の「ギガファクトリー」がベルリン近郊に建設されることが話題になっています。この夏から、内燃機関の発祥の地であるドイツで、数十万台の電気自動車を生産する予定です。 続きを読む

  • BMW、ダイムラー、フォルクスワーゲンはグリーン交通革命での奮闘を誓う

    自動車の生まれ故郷ドイツの象徴とも言うべき自動車メーカー、BMW、ダイムラー、フォルクスワーゲンの3社はグリーン交通の未来を創造するモビリティ革命という史上最大の課題に直面しています。 続きを読む

    固定ページ: 1 2

  • テスラみたいに?きっと好きになるパッシブハウス

    テスラはクリーンエネルギーに関してだけでなく、加速性と快適さに注力することで、魅力的なEVを作りました。建築家のElrond Burrell氏はパッシブハウスを推進する人たちも同じようにすべきであると述べています。 続きを読む