ドイツの再生可能エネルギー法2021 解説

ドイツの画期的な再生可能エネルギー法(EEG)は、太陽光発電と風力発電を国内で最も重要な電源の2つにしたことで知られていますが、新たな改革がおこなわれようとしています。 続きを読む

  • 太陽光が風力を超えて2020年は世界で過去最大の導入量に

    2020年は新型コロナウィルスにより世界経済は大きな影響を受け、世界全体のCO2排出量は前年から約7%減少した[1]。同時に2020年にはパリ協定がスタートすると共に自然エネルギー市場も世界的に2030年までの10年を見据えて新たなステージを迎えている。その中で、2020年の自然エネルギーの成長はさらに加速している。 続きを読む

  • ドイツの風力発電立地ルールをめぐる交渉

    ドイツの2030年までのエネルギー・気候目標では風力発電が重要な役割を果たすことが見込まれています。一方、陸上での立地ルールが厳格化されることで期待する導入量が確保できず、目標が達成できなくなる可能性も予見されています。クリーンエナジーワイヤーによる解説記事から厳格化保留にいたるまでのプロセスを見ていきましょう。 続きを読む

  • 新たなステージを迎えた世界の自然エネルギー

    いよいよ2020年になり、パリ協定がスタートすると共に自然エネルギー市場も世界的に2030年までの10年を見据えて新たなステージを迎えている。この10年間の世界の自然エネルギーの飛躍を振り返り、これからを展望する。 続きを読む

  • 入札制がドイツのコミュニティ風力発電を脅かす

    2017年からはじまったドイツの自然エネルギー入札制が地域所有のコミュニティ風力発電事業を壊滅の危機へと追いやっている。世界的に進みつつある固定価格買取制度から入札制への移行がコミュニティ風力発電にどのような影響を与えるのか、世界風力エネルギー協会のレポートから見ていこう。 続きを読む

  • 世界と日本の自然エネルギー30年間の軌跡

    平成の30年間を自然エネルギーの拡大という観点から見ると、欧州が先行し、日本がそれに追随してきたことがわかる。世界と日本、ドイツのデータからこれまでの軌跡を振り返る。 続きを読む

  • 40パーセントを越えた再エネによる発電 − 今、ドイツで起きていること

    年頭に久しぶりにドイツの話をしたいと思います。フラウンホーファー太陽エネルギーシステム研究所が、1月5日に発表した昨年のドイツの発電状況のまとめ速報(”Net Public Electricity Generation in Germany in 2018”)を取り上げます。テーマは「再エネ電力4割越えのドイツで何が起きているか」です。 続きを読む

  • より民主的なエネルギーの世界へ向けて

    ドイツで急速に拡大するヴァーチャルパワープラント。その中でもNext Kraftwerkeは欧州でおよそ5,000件の独立した自然エネルギー発電所を集約し、電力を販売しています。雑誌「The Beam」第5号に掲載されたNext Kraftwerke 創業者CEOヨッヘン・シュヴィル氏へのインタビュー記事をお届けまします。 続きを読む

  • 本当に重大なことは議題にしない日本の政治文化(書評)

    ドイツと日本は、人口や経済規模、産業構造、歴史など多くの点で似ており、しばしば比較される。そのドイツは脱原発したのに、なぜ日本にはできないか。誰もが思う疑問だ。本書はその「回答」の一つかもしれない。 続きを読む

  • デジタル化がエネルギー転換の新たな局面に火を点ける

    情報コミュニケーション技術は、再度、ドイツのエネルギー分野に大変革をもたらそうとしています。エネルギー転換発祥の地は、多数の風力と太陽光をベースとして、自動車の充電や熱供給もおこなうことができるより柔軟で効率的な電力システムを必要としています。 続きを読む

  • クルマを不便にし、道路を暮らしの空間に(書評)

    仕事がら全国各地の地方都市をよく訪れるが、その地の風土の面白さの前に「廃れ感」が気に掛かる。金太郎アメのようなファーストフード店やコンビニに消費者金融が並び、そのスキマを時間貸し駐車場とシャッター街が埋める。 続きを読む