温暖化とエネルギー転換 – トランプ氏は何をしようとするのか?

化石燃料を増産し、環境規制をやめる。そしてパリ協定をキャンセルする。これがトランプ氏が5月26日ノースダコタ州で発表したエネルギー政策の核心だ。彼が大統領になれば問題は深刻だ。米国の主要論調[1]をもとに整理してみる。 続きを読む

  • 米国の気候変動活動家の焦点はドイツとどのように違うのか?

    2015年、米国の気候変動活動家は化石燃料との戦いに集中し、既存の法律を強化し、なによりも自分たちの運動をより強力なものにしたいと考えています。それは、ドイツの活動家たちとどのように違うのでしょうか?また、それは2つの国の政治状況についてどういったことを示すのでしょうか。(クレイグ・モリス&アルネ・ユングヨハン) 続きを読む

  • ニューヨークタイムズ紙には事実を確認する時間もない

    ニューヨークタイムズ紙(以下NYT紙)のエディ記者が再び、欧州連合(以下EU)及びドイツに関してひどく不正確な記事を執筆しました。特に、ドイツについては主に彼女自身の見解のみに基づいて書かれています。あるEUの調査結果が、記事の執筆の直接の動機となったようですが、彼女がこの調査を本当に読んだのか疑わざるを得ません。 続きを読む