多様性と普遍性

2018年秋、こまばアゴラ劇場で、ISEP所長の飯田哲也さんと劇団青年団『ソウル市民』『ソウル市民1919』の連続公演を観劇した。 続きを読む

  • 米国の気候変動活動家の焦点はドイツとどのように違うのか?

    2015年、米国の気候変動活動家は化石燃料との戦いに集中し、既存の法律を強化し、なによりも自分たちの運動をより強力なものにしたいと考えています。それは、ドイツの活動家たちとどのように違うのでしょうか?また、それは2つの国の政治状況についてどういったことを示すのでしょうか。(クレイグ・モリス&アルネ・ユングヨハン) 続きを読む