ウクライナ戦争でドイツのLNGターミナル建設計画が机上に戻る

ウクライナとの戦争により、ロシアのガス供給から離脱し、供給源を多様化することがドイツ政府の最重要課題となっています。その一環として、オラフ・ショルツ首相は、ドイツ国内に2つの液化天然ガス(LNG)輸入ターミナルを建設することを発表し、政府は浮体式ターミナルをリースする計画もあると述べています。 続きを読む