ドイツの再エネ賦課金は上昇するのか?

ドイツの4つの系統運営会社が10月15日に発表する予定だった2016年の再エネ賦課金について、この分野をリードするシンクタンクは、賦課金の大幅な上昇を予測していました。しかし、この予測は大事な点を見落としていました。

続きを読む

  • ニュージーランドの風力エネルギー

    2012年、ニュージーランドは、化石燃料による火力発電でバランスをとり、全発電量の約72%を再生可能エネルギーで供給しました。世界風力エネルギー協会(WWEA)による年鑑『Wind Energy International 2014/2015』には、ニュージーランドの市場と計画中のプロジェクトが記載されています。 続きを読む

  • 再エネが入らないのは誰のせい?:接続保留問題の重層的構造(その3)

    前々回前回と、「いわゆる接続拒否」問題について取り上げてきました。この3回連続シリーズの最終回として、前回までの接続可能量問題や接続料金問題の議論と一見無関係のように見える「透明性の問題」について議論したいと思います 続きを読む

  • 緑の大臣が「ドイツが停電する」と警鐘を鳴らす

    バーデン=ビュルテンブルク州の緑の環境大臣は「2010年代の終わりごろまでにドイツの発電設備容量が不足するかもしれない」という調査報告を受けました。 続きを読む

  • ドイツはより少ない発電設備容量でやっていけるのか?

    9月のデータによると、冬の電力需要ピーク時に危機的状況が現れる可能性があるものの、ドイツは相当程度少ない発電設備でやっていけることが示唆されている。 続きを読む