脱炭素化に向けて続く世界の自然エネルギー市場の成長 − 2021年も過去最大

2021年は新型コロナウィルスの影響からの世界経済の回復により、世界全体のCO2排出量は前年から約5%増加した[1]続きを読む

  • テスラ・ショック − モビリティ大変革と持続可能性

    電力エネルギー領域の大変革に覆い被さるように、モビリティ大変革も始まっている。電気自動車(EV)、自動運転、ライドシェアが、加速度的に発展しながら統合されつつあり、その中心に、イーロン・マスク氏率いる米EV企業のテスラが見える。 続きを読む

  • 電気自動車への移行により、自動車産業の雇用がどれだけ失われるか?

    電気自動車への移行が確実に進んでおり、欧州の自動車産業にはかつてない課題が待ち受けています。ますます野心的な気候目標に直面して、ガソリンエンジン車の段階的な退出は避けられないと思われ、ますます多くの国で方針が決まっています。 続きを読む

  • グリーンリソース・リユース・リサイクルがよりクリーンな電気自動車用バッテリーのカギとなる

    電気自動車のバッテリーのライフサイクル

    輸送分野のCO2排出量削減には、電気自動車への移行が不可欠です。しかし、電気自動車の需要が急増していることから、電池の環境や人に対する影響への懸念が高まっています。 続きを読む

  • ネクストクラフトヴェルケの再エネ電力VPPが系統を安定化させる

    エネルギー転換の進展の中で新たな機会が生まれ、さまざまなスタートアップが新たなビジネスモデルを構築し、産業構造を変革しつつあります。クリーンエナジーワイヤーのスタートアップインタビュー連載第8回「Next Kraftwerke」の翻訳記事をお届けします。 続きを読む

  • スタートアップ e.GO Mobileが安価なサブコンパクトカーで輸送分野の転換を加速する

    エネルギー転換の進展の中で新たな機会が生まれ、さまざまなスタートアップが新たなビジネスモデルを構築し、産業構造を変革しつつあります。クリーンエナジーワイヤーのスタートアップインタビュー連載第7回「e.GO Mobile」の翻訳記事をお届けします。 続きを読む

  • スタートアップのソノモーターズが太陽光電気自動車で業界の巨人に挑む

    エネルギー転換の進展の中で新たな機会が生まれ、さまざまなスタートアップが新たなビジネスモデルを構築し、産業構造を変革しつつあります。クリーンエナジーワイヤーのスタートアップインタビュー連載第6回「ソノモーターズ(Sono Motors)」の翻訳記事をお届けします。 続きを読む

  • モビリティスタートアップ − ユビトリシティが電気自動車充電の変革をめざす

    エネルギー転換の進展の中で新たな機会が生まれ、さまざまなスタートアップが新たなビジネスモデルを構築し、産業構造を変革しつつあります。クリーンエナジーワイヤーのスタートアップインタビュー連載第3回「ユビトリシティ」の翻訳記事をお届けします。 続きを読む

  • エネルギー貯蔵がドイツのエネルギー転換の次の偉業になる

    天候に依存する自然エネルギーが急激に増加するドイツは、太陽や風がないときに利用することを可能にする貯蔵技術の試験場になりつつあります。この先数十年は、大規模貯蔵は必須ではないものの、貯蔵技術自体は自動車や住宅での小規模蓄電池という形態で広がりはじめています。 続きを読む

  • デジタル化がエネルギー転換の新たな局面に火を点ける

    情報コミュニケーション技術は、再度、ドイツのエネルギー分野に大変革をもたらそうとしています。エネルギー転換発祥の地は、多数の風力と太陽光をベースとして、自動車の充電や熱供給もおこなうことができるより柔軟で効率的な電力システムを必要としています。 続きを読む

  • 8年以内に化石燃料車は世界中で一台も売れなくなる(書評)

    ギョッとするタイトルだが、目次を見るとエネルギーの未来像を描いた本だと分かる。電気のデジタル化、スマートメーター、分散化、オフグリッド、電気自動車(EV)、IoTなどなど。 続きを読む