脱炭素とエネルギー大転換は世界をどこに導くか − 脱成長論を超えて

近年、脱成長論が注目されている。「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)が最新の第6次評価報告書(AR6)第3作業部会報告書(IPCC 2022)で初めて脱成長論を論じ1IPCC AR6 WGIII (Apr.5th、2022)の第1章、第3章、第5章、第17章で脱成長が議論されている。、日本でも脱成長論の書籍(斎藤 2020)がベストセラーとなった。脱成長論の歴史は古いが、昨今の盛り上がりはおよそ10年前からだろう。 続きを読む

  • 1
    IPCC AR6 WGIII (Apr.5th、2022)の第1章、第3章、第5章、第17章で脱成長が議論されている。
  • 複合危機とエネルギーの未来

    複合危機の時代である。気候危機に直面し、パンデミックが世界を覆った。資本主義による格差や貧困、社会の分断がますます拡大し、気候危機の被害やパンデミックの影響も格差を襲う。 続きを読む

  • 資源不足の時代を終わらせるために Part 2 – 想像を絶するクリーンエネルギーの豊かさを手に入れる

    クリーンエネルギーは、安価で豊富な化石燃料から高価で希少な再生可能エネルギーへの移行を意味すると考えられがちです。実際には、クリーンエネルギーによる変革は、私たちのエネルギー生産方法に根本的な変化をもたらすものであり、化石燃料のもとで資源不足のエピソードを歴史的に生み出してきた特定のエネルギーと労働の関係に革命をもたらすものです。 続きを読む