熱分野と交通分野の脱炭素化を巡る世界の潮流

パリ協定のもと気候危機に対応するためには温室効果ガス、特にCO2(二酸化炭素)の排出量を2050 年までに実質ゼロ(Net Zero)とすることが求められており、多くの国や自治体、企業や団体が2050 年までに CO2 排出量を実質ゼロにすることを宣言しています。 続きを読む

  • COP REloaded?

    自然エネルギーにより重点をおかない限り、パリ気候変動会議は成功しないでしょう。20年前にベルリンではじめて開催されたCOPから振り返り、パリでは何が焦点となるのか、国別目標案と自然エネルギーの関係を考えてみましょう。 続きを読む

  • 自然エネルギーの過去、現在、未来についての考察

    私にとって2014年は、自然エネルギーの驚異的な成長の10年の終わりと、自然エネルギー開発の新たな段階のはじまりを象徴するものとなりました。この新しい段階は、過去10年とは著しく異なるものになります。 続きを読む

  • Reflections on Renewable Energy Past, Present, Future

    The year 2014 represents to me the end of ten years of phenomenal growth for renewable energy and the beginning of a new phase of renewable energy development. This new phase will be markedly different from the past ten years.  So I thought this would be a good opportunity to reflect a bit on the past, present, and future of renewables, based on my 25 years of experience in the field. 続きを読む